俺が法律だッ!!とスタローンが叫んでいた、SFコミック・アクションの大失敗作「ジャッジ・ドレッド」のリメイクが決定!!

ジャッジ・ドレッド
シルベスター・スタローン1995年主演したSFアクション映画ジャッジ・ドレッド」の原作となるイギリス人気コミックが再び映画化されることが決定しました!! → 



ジャッジ・ドレッド」の新作映画製作を発表したのは、原作連載した人気コミック雑誌2000AD」と、その親会社となるゲーム・メーカーレべリオン・デヴェロップメンツです。映画製作発表は、2000ADネット・フォーラムの掲示板にて行なわれ、レべリオンCEOで、クリエイティブ・ディレクタージェイソン・キングスレー氏の掲載コメントによれば、「ジャッジ・ドレッド」の映画2009年に撮影され、実際に映画製作の実務を行なうのは、DNAフィルムズだそうです。
DNAフィルムズは、ダニー・ボイル監督のゾンビ映画28日後…」のシリーズや、やはり同監督の「サンシャイン2057」(2007年)、またフォレスト・ウィテカーアカデミー主演男優賞受賞した「ラスト・キング・オブ・スコットランド」(2006年)などを代表作とする製作プロダクションです。そうした同プロダクションの実績を踏まえれば、それほど悪くない映画が出来そうで期待が持てるのですが、監督出演者など、映画のイメージ具体的につかめる情報は今のところ皆無で、ジェイソン・キングスレー氏は、「現時点では多くの詳細を明かすことができません」と、先の掲示板のメッセージに記しています。
ジャッジ・ドレッド」は、近未来犯罪都市メガシティ舞台に、警察官より遥かに強権なジャッジ」という治安を守る役割の者たちが登場し、彼らは“ジャッジ”=“裁判官”という名前の通り捕まえた犯罪者をその場で裁く権限を与えられている…という設定です。そこから、「俺が法律だッ!!」というのが主人公の決めゼリフになっていて、スタローンその言葉を叫んでいました。ちなみにボクは、この「ジャッジ・ドレッド」と「デモリションマン」(1993年)が、いつもなぜか?頭の中でゴッチャになってしまいます…。
と、そんなことはさておき、シルベスター・スタローン主演した「ジャッジ・ドレッド」は、約9,000万ドルから1億ドルを超える製作費が投入されたSFアクション大作でしたが、アメリカ国内約3,469万ドルしか興行収入をあげることができず、それを含めた全世界での収入が、約1億1,349万ドルという大失敗の大赤字に終わり、シリーズ化を目論んでいた関係者らはシッペ返しを食らっています(興行収入の半分を映画館の取り分とすると製作費も未回収)。
すでに一度、大破した“ムービーボム”の「ジャッジ・ドレッド」を再び映画として復活させ、成功させる勝算があるのか?!2000AD/レベリオン/DNA製作チームが明かすことができない詳細の秘策注目されています。
主人公ジャッジ・ドレッドを演じる俳優は誰なのか?!ベタなところで言えば、ジェイソン・ステイサムといったところでしょうが、果してどんな名前が飛び出すのか?!期待しておきましょう!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中