ロバート・ロドリゲス監督のガキ映画路線の最新作「ショーツ」が写真を初公開!!

ロバート・ロドリゲス-ショーツ-0
スパイキッズ」シリーズや、「シャークボーイ&マグマガール」(2005年)といったファミリー向けのガキ映画になんてかまけてないで、「エル・マリアッチ」のシリーズや、「プラネット・テラー」(2007年)といったクールなバイオレンス映画の路線で突っ走ってほしいと、大方のファンが望んでいるのにも関わらず、またまたガキ映画に精進しているロバート・ロドリゲス監督の最新作ショーツ」が写真を初公開しました!!、この「ショーツは…、 


ロバート・ロドリゲス-ショーツ-1
郊外の住宅地舞台に、主人公の少年トーどんな願いも叶えてくれる不思議な虹色の石を見つけ、嫉妬にかられた近所のアホなガキや、恥知らずな大人たちがその石を手に入れようとする騒動を描いた内容だそうです。
ロバート・ロドリゲス-ショーツ-2
主人公の少年トーを演じているのは、12歳なのによく聴く音楽ブラック・サバスや、AC/DCというメタル・キッズジミー・ベネット(↓)です。ブルース・ウィリスの「ホステージ」(2005年)や、ハリソン・フォードの「ファイアーウォール」(2006年)などで評価され、本作の主演を勝ち取りました。そのジミー・ベネットのトーの姉ちゃんステーシーを演じてるのは、この映画のロケ中ロバート・ロドリゲス監督とデートしてるのが目撃され、“ロバート・ロドリゲスと片足マシンガールのローズ・マッゴーワンが破局!!”とか、“レッドソニアの主演がロドリゲス監督の新恋人に変更?!”などとゴシップウワサのネタになってしまったカット・デニングス(↑)です。カット・デニングス日本ではまだ無名ですが、「40歳の童貞男」(2005年)で脚光を浴び、マイケル・セラ(「JUNO/ジュノ」2007年)と組んだ「ニックとノラの無限大プレイリスト」や、「ハウスバニー」など、最近のヒット作に連続出演しています。大人たちのキャストとしては、ジェームズ・スペイダーや、ウィリアム・H・メイシー(↑)といった人たちが登場です。
ロバート・ロドリゲス-ショーツ-3
この「ショーツ」は、ワーナー・ブラザース配給で、日米ともに2009年8月公開の予定です。たぶん最終的には「ショーツ 3-D」ということになるのではないでしょうか。ロバート・ロドリゲス監督はガキ映画はそこそこにして早くシン・シティ2」(2010年公開予定)に本格着手してほしいですッ!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中