不倫女優シエナ・ミラーが精神異常者を演じ、自身最高の壊れた演技を観せている最新ミュージック・クリップ!!

シエナ・ミラー
ディズニーからDVDがリリースされている人気ファミリー・ドラマブラザーズ&シスターズ」などで知られる妻帯者俳優バルサザール・ゲティとの不倫交際世間から非難されても、いけしゃあしゃあとした態度をとったことから、自宅の壁にデカデカと“ヤリマン女”とペンキでイタズラ書きをされるなど追い詰められた結果パパラッチワイドショーカメラの前で奇異な行動をとり、人格崩壊の兆候を見せていた、ちょっとマジでヤバいシエナ・ミラーが…、 → 



心の病いの患者熱演している、イギリスインディーズ・ユニットジ・アワーズ(The Hours)の新曲シー・ザ・ライト」(See The Light)のミュージック・クリップです。このビデオを監督したのは、エドワード・ノートン右翼の白人優位主義心酔していく問題作アメリカン・ヒストリーX」(1998年)のトニー・ケイ監督です。同映画以来、日本では作品が紹介されていないと思うトニー・ケイ監督ですが、その後も中絶をテーマにしたドキュメンタリー映画レイク・オブ・ファイアー」(2006年)など、野心作の映画を作りながら、本来の音楽ビデオのディレクターを続けており、最新作犯罪映画ブラック・ウォーター・トランジット(Black Water Transit)」(2009年アメリカ公開)は日本でも観られそうな気がします。
そんなトニー・ケイ監督の斬新なビデオの中でブランドのお店で暴れたり壁に吊るした牛を解体?など、自分を抑制できていないシエナ・ミラーは、アンディ・ウォーホルや、ボブ・ディラン交際していたスキャンダラスな伝説的モデル兼女優イーディー・セジウィックを演じた「ファクトリー・ガール」(2006年)の演技が評価されたものの、その後が続かず、気がつけば、すっかり冒頭のようなお騒がせセレブに成り下がってしまいました。しかし、来年2009年夏には、アクション映画超大作G.I.ジョー/ライズ・オブ・コブラ」(よければココもチェック)といった話題の出演作が控えているので、復活の大きなチャンスが巡ってきそうですが、果して、本人のメンタル・ヘルスの状態はどうなっているのか?!光が見える(See The Light)ことになるのか?、このちょっと意味深ぽいビデオの名演技が地でないことを祈ります…
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中