タランティーノ監督の戦争映画「イングロリアス・バスたーズ」が、映画の場面写真を世界初公開!!

イングロリアス・バスターズ-フェイク・ポスター-トップ
見出しの「イングロリアス・バスたーズ」の“の変換間違ってますよ注意されそうですが、この映画の原題は「Inglourious Basterds」で、本来はBASTARDSと綴るべきところを、 “BASTERDS” と、わざと “A” と “Eを間違えてクエンティン・タランティーノ監督は題名づけています。そのため律儀な欧米のメディアでは気の毒にも、いちいち “スペル・ミスではありません” といった但し書きが必要になってしまっていて、その感じを味わってもらおうと思いました。まぁ、“バスター” には “バカタレ” といった意味があるので、タランティーノ監督としては、まともな字も書けない兵隊やくざのバカばっかし出てくる映画なんだぜ!!という暗黙のメッセージなんでしょうね。そんなタランティーノ監督の最新作の戦争映画イングロリアス・バスターズ」から、ついに映画本編の写真が初公開されました!! → 


イングロリアス・バスターズ-ブラッド・ピット
イングロリアス・バスターズ」の写真世界に先がけて公開してくれたのは、ロシアの映画サイトFILMZ.RU です。 ↑ は、兵隊やくざゲリラ部隊イングロリアス・バスターズを率いて、ヒトラー暗殺を試みる、ブラッド・ピットアルド・レイン中尉です。ココの写真では、わかりにくかったアルド・レイン中尉の特徴である、首の傷跡がはっきりと見てとれます。そのはアルド・レイン中尉がリンチにより殺されかけた経験の名残りで、彼が命知らずな人物であることを示しています。また、ブラッド・ピットゲスト出演したアメリカ人気トーク番組ラリー・キング・ライヴで語ったところによれば、ヒゲは、この一筋縄ではいかない男のシンボルだそうです。
続いて、 ↓ は、ダイアン・クルーガー(「ナショナル・トレジャー」シリーズ)が演じているドイツ人女優ブリギット・フォン・ハマースマークです。ナチスの将校たちとお酒の席でゲームで盛り上がっているようですが、実はブリギットはアンダーカバーのスパイで、ブラッド・ピットナチスの情報を流しています。そんな彼女が、ブラッド・ピットの宿敵となる “ユダヤ人ハンター” のSS将校ハンスに接近するのですが…、果して、ダイアン・クルーガーは正体を見破られず任務を達成することができるのでしょうか…ッ?!
イングロリアス・バスターズ-ダイアン・クルーガー
2009年5月カンヌ国際映画祭でプレミア上映される予定の「イングロリアス・バスターズ」で、ゲスト監督として映画の一部を演出したイーライ・ロス監督(「ホステル」)による場面の写真動画などが、ココにあるので、ご覧下さい
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中