リュック・ベッソン監督が、ファンタジー映画シリーズ第2弾「アーサーとマルタザールの逆襲」の予告編を初公開!!

アーサーとミニモイの不思議な国
ニキータ」(1990年)や、「レオン」(1994年)のリュック・ベッソン映画監督引退記念作として、自身の著書である児童文学アーサーとミニモイたち」のシリーズを実写と3Dアニメハイブリッドで完全映画化する3部作第2弾であるファンタジー映画アーサーとマルタザールの逆襲」が、先行版の予告編を公開したので、とりえず、ご覧下さい。この「アーサーとマルタザールの逆襲は…、 → 


http://c.brightcove.com/services/viewer/federated_f9/1896802316?isVid=1&publisherID=1214718128
邦訳本出版する角川書店の紹介によれば…、
ミニモイ王国マルタザールの魔の手から守り、栄光の生還を果たしたアーサー目下の悩みは、愛する王女セレニアとの再会が、10ヶ月に1度ということ。そして待ちに待った運命の日、なんと「助けて」のメッセージが届く。よもやセレニアの身に危険が…?トンチンカンな両親妨害絶体絶命になりながら、愛犬アルフレッドの活躍でミニモイの世界へすべりこみセーフ。しかしセレニアとの再会を目前に、再びあの強敵が!?セレニアの若き日の冒険も明らかになる!!
…とのことです。主演アーサーは、ハリウッド版鉄腕アトム」の「アストロ・ボーイ」(2009年10月全米公開)で、主人公のアトムの声を担当し、予告編で、イィヒッヒーッ!意味不明な奇声を上げていたフレディ・ハイモア。おばあちゃんのグラニーミア・ファローや、マドンナデヴィッド・ボウイといった豪華な声の出演も変わらないようです。この「アーサーとマルタザールの逆襲」はヨーロッパでは2009年12月公開の予定。とまぁ、1年先ですね…マルタザール、いきなり殺虫剤駆除されてますが、大丈夫なんでしょうか…?!
アーサーとマルタザールの逆襲
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中