「アイ・アム・レジェンド2」は2大都市に跨った大スケールのゾンビ映画のバトル・ロードムービー!!と、ウィル・スミスが構想を明らかにッ!!

アイ・アム・レジェンド-1
昨日、ウィル・スミスアメリカ次期大統領バラク・オバマ氏の伝記映画を企画しているというニュースをお伝えしました。その情報は、ウィル・スミス最新主演作感動映画セブン・パウンズ」(今月19日全米公開)の宣伝取材で明らかになったものですが、ウィル・スミスがさらに同映画のプロモーション記者らと円卓のインタビューに臨み、9月ココでお伝えした「アイ・アム・レジェンド2」についても、その内容の一部を明かしました!!


作家リチャード・マシスンの「地球最後の男」を映画化した、2007年大ヒット作アイ・アム・レジェンド」の第2弾については、当初続篇としての“その後の物語”ではなく、ウィル・スミスがどのようにして地球最後の男になったのか?!という第1弾の映画ではズバッと省略された部分を描く前日譚のプリクエールになると伝えられていました。ところが、それが最近になり、前日譚ではなく、後日談の続篇に変更されたらしいというウワサネット上に広まっています。実際の映画をご覧になった方は、後日談にウィル・スミスが主演するのは無理じゃんッ!!とわかると思いますが、そうした錯綜する情報について、「アイ・アム・レジェンド2」の企画自ら立ち上げたウィル・スミス本人は、「俺たちは前日譚のプリクエールの素晴らしいアイディアを思いついたんだ」と述べ、キッパリと第1作のその後の話ではなく前日譚だと明言しています。ウィル・スミスは「ストーリーにはまだいくつかの小さな障害があってそれを解決しようとしてるとこだよマンハッタンが壊滅して俺が最後のひとりになるというのが絶対条件になる訳だけど、『2ではワシントンD.C.も舞台になるんだ」と、映画のスケールが拡大されることを明らかにし、「俺たちは小隊を組んでワシントンD.C.に乗り込んでいかなくちゃならない或る事情を抱えるんだだから俺たちはニューヨークからワシントンD.C.まで移動してそれでまたニューヨークに帰ってくるってわけ」と語り、「アイ・アム・レジェンド2」が2つの都市の間を往復するスケールの大きなゾンビ映画バトル・ロードムービーらしいことを示唆しています。ウィル・スミスに、この「アイ・アム・レジェンド2」のについて質問してくれたのは、映画・音楽・ゲームエンタメサイトCollider.comスティーヴフロスティーワイントローブですが、フロスティーはおもしろい質問もしていて、「イヌはまた出て来るんすか?!」と訊ねています。それに対してウィル・スミスは、「もちろんさ子犬で出て来るよッ!!」と、第1作めで共にダークシーカーと戦った愛犬サムが、かわいい子犬として登場し、活躍することも約束してくれました!!、そんな愛犬家も楽しみなアイ・アム・レジェンド2」の公開2011年の予定監督第1作めに引き続き、フランシス・ローレンスで、ゾンビ映画のロードムービーのシナリオを書いているのは、新人D.B.ウエイスです。ちなみにウィル・スミスが出ない3」のプランも検討されているので、先に記したネットのウワサは「23を混同したカン違いだと思います。
アイ・アム・レジェンド-2
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中