ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の2008年度の最優秀作品賞は、「スラムドッグ・ミリオネア/ ぼくと1ルピーの神様」に栄冠!!

ぼくと1ルピーの神様-2
アカデミー賞前哨戦となるナショナル・ボード・オブ・レビュー(米国映画批評会議)の2008年度NBR賞の受賞者と作品が発表され、ダニー・ボイル監督がインドを舞台に人気番組「クイズ・ミリオネア」を題材に描いた感動作スラムドッグ・ミリオネア/ぼくと1ルピーの神様」が、最優秀作品賞最優秀脚色賞、そして主演デヴ・パテール新人賞にあたるブレイクスルー男優賞3冠に輝きました。このブログでは、これまで「スラムドッグ・ミリオネア/ぼくと1ルピーの神様」が2008年の№1映画になりますよと紹介してきたので、それが誇張や大げさではなく事実ということが証明されて、ホッとしました。また、クリント・イーストウッド主演俳優としては引退作品となりそうな「グラン・トリノ」で主演男優賞を獲得しています!!長年イーストウッド・ファンの方には感激ですね。その他の主な受賞者のリストは続きを読むの後です。受賞式来月2009年1月14日ニューヨークチプリアーニで行われます
 受賞一覧はこちら →  


最優秀作品賞 
スラムドッグ・ミリオネア/ぼくと1ルピーの神様
トップ10作品 
 「バーン・アフター・リーディング
 「チェンジリング
 「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」(2009年2月7日公開)
 「バットマン/ダークナイト
 「デファイアンス
 「フロスト/ニクソン
 「グラン・トリノ
 「ミルク
 「WALL・E / ウォーリー」(日本公開中)
 「ザ・レスラー
最優秀監督賞 デヴィッド・フィンチャー(「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」)
最優秀主演男優賞 クリント・イーストウッド(「グラン・トリノ」)
「ザ・レスラー」のミッキー・ロークが落選!!
最優秀主演女優賞 アン・ハサウェイ(「レイチェル・ゲッティング・マリッド」)
最優秀助演男優賞 ジョシュ・ブローリン(「ミルク」)
「ダークナイト」のジョーカー、ヒース・レジャーが選ばれなかった!!
最優秀助演女優賞 ペネロペ・クルス(ヴィッキー、クリスティーナ、バルセロナ)
最優秀アンサンブルキャスト賞 「ダウトDOUBT-疑いをめぐる寓話-
                          メリル・ストリープ
                          フィリップ・シーモア・ホフマン
                          エイミー・アダムス
最優秀脚本賞 ニック・シェンク(「グラン・トリノ」)
最優秀脚色賞 サイモン・ビューフォイ
             (「スラムドッグ・ミリオネア/ぼくと1ルピーの神様」)
             エリック・ロス(「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」)
最優秀アニメ映画賞 「WALL・E / ウォーリー
最優秀外国語映画賞 「モンゴル」(浅野忠信主演!!)
※ 文章の二重使用・無断転載厳禁。引用の場合はリンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中