北欧ノルウェーのナチス・ゾンビ・スプラッター「デッド・スノー」がサンダンス映画祭に参加の北米進出で、見どころの多い予告編を公開!!

デッド・スノー-1
10月ココで短い先行版の予告編を紹介した北欧ノルウェーのちょっとコミカルなスプラッター映画デッド・スノー」が、来月2009年1月開催される、今や世界で1番価値のある映画祭サンダンス・フィルム・フェスティバル”に公式参加することになり、映画の見どころを押えた新しい予告編を公開しているので、ご覧下さい(続きを読むの後)。このデッド・スノーは…
  → 


http://c.brightcove.com/services/viewer/federated_f9/1896802316?isVid=1&publisherID=1214718128
ゾンビ映画新ジャンルとなりつつあるナチス・ゾンビもの最新作で、監督トミー・ヴィルコーラという人です。予告編ノルウェー語なので、セリフは何と言っているのか?よくわかりませんが、物語は一目瞭然で、雪山ウインター・スポーツを楽しみに来ていたバカンスの若者たちのグループが、土中(雪中?)から蘇ったナチス兵のゾンビたちに襲撃され、反撃の闘いを挑む…ッ!!ということですね。このナチ・ゾンビたちは大戦中に、この雪山の村人らに惨殺され、金品を奪われたことで恨みを持ち、復讐に蘇ってきたようです。
デッド・スノー-2
登場人物デブのお兄ちゃんが、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督のとんでもないゾンビ映画ブレインデッド」(1992年)のTシャツを着ていますが、本作同映画にオマージュを捧げて作られたのかもしれませんねトミー監督は、2007年デビュー作Kill Buljo: The Movie」も、クエンティン・タランティーノ監督の「キル・ビル」(2003年)のパロディだったので、かなりの映画オタクと診ました。そんなトミー監督にとって、アメリカのサンダンス映画祭への参加は、そうした憧れの監督たちとお近づきになるチャンス大きな夢に近づいたことになり、ワクワクしているのではないでしょうかサンダンス映画祭が開かれるのはユタ州ウインター・リゾートパークシティなので、この「デッド・スノーを観るのに最高の舞台設定ですしッ!!
デッド・スノー-3
この「デッド・スノー」は、ノルウェー国内2009年1月9日から公開海外での公開は、サンダンス映画祭セールスの営業につとめるのでしょうが、日本のビデオ・メーカーや配給会社が買ってくれることを願います
※ 「商業サイト」での文章の二重使用・無断転載厳禁。引用の場合はリンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中