不運なファンタジー映画「インクハート」が主演のイライザ・ベネット16歳の弾き語りビデオで宣伝という、80年代角川アイドル映画的戦略!!

http://www.traileraddict.com/emd/7603
ほぼ1年前2007年12月10日ココで予告編を紹介した、ブレンダン・フレイザー主演のファンタジー・アドベンチャー大作インクハート」がようやく蔵から出され、来年2009年1月23日全米拡大公開されることになり、ワーナー・ブラザースが新しい予告編…ではなく、主演少女スターイライザ・ベネット16歳弾き語りのミュージック・クリップ(↑)という変わったプロモーションを仕掛けてきました。イライザ・ベネットは、ジュリア・スタイルズの「プリティ・ガール」(2004年)でデビューし、エマ・トンプソンが主演したファンタジー作品ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」(2005年)で注目された少女スターですが、この「インクハート」の大役で飛躍するはずが、本作を製作したニュー・ライン・シネマの同じファンタジー路線の前作ライラの冒険/黄金の羅針盤」(2007年)が大コケし、つまずいた結果、本作の公開が見送られてしまいました…。そして、ニュー・ライン・シネマワーナー・ブラザースに吸収されて事実上、消滅してしまい、今になり、やっと陽の目を見られる訳ですが、ファンタジー映画ブームが終わった感のある現在、映画の扱われ方はかなり規模が小さく曖昧になってしまったようです。なので、ニュー・ライン・シネマから本作を引き継いだワーナー・ブラザースは、かくなる上は、16歳の女の子に歌わせて、アイドル人気を煽り客寄せしようという腹かもしれませんが、イライザ・ベネット本人にとっては歌の才能をプロモーションしてもらえて、とりあえず今後のキャリアのプラスにはなりそうです。そんなイライザ・ベネットが活躍している「インクハートは…、 → 

続きを読む

最新作「ストリートファイター/ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」が、春麗がミニスカでポールダンスのセクシーな格闘場面の写真を公開!!

ストリートファイター-ザ・レジェンド・オブ・チュンリー-1
カプコン過去に失敗した自社の大ヒットゲームの映画化に懲りずに再挑戦した「ストリートファイター/ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」をアメリカで配給する20世紀FOX新しい写真を公開したので、ご覧くださいゲームの映画化はまず当らない…というセオリーの中で成功したのは、ミラ・ジョヴォヴィッチの「バイオハザード」シリーズと、アンジェリーナ・ジョリーの「トゥームレイダー」シリーズぐらいなもの。で、それら両作品の共通点はと言えば、主人公が女性の闘うアクション・ヒロインだということ。だったら…、という訳で、失敗した映画化第1作(1994年)のジャン=クロード・ヴァン・ダムガイル大佐から、主人公人気ヒロイン・キャラ春麗(チュンリー)に変え、「ヤング・スーパーマン」のクリスティン・クルックを抜擢したと思うのですが…、→

続きを読む

カズオ・イシグロ文学の最高傑作「わたしを離さないで」を、「ストーカー」の異才マーク・ロマネク監督が映画化!!

マーク・ロマネク
ジェームズ・アイヴォリー監督が映画化した「日の名残り」(1993年)や、ベストセラーの「わたしたちが孤児だったころ」などで知られるイギリス国籍日本人作家カズオ・イシグロ最高傑作と高く評価されている「わたしを離さないで(Never Let Me Go)」(2005年出版)を、マーク・ロマネク監督が映画化することになりました。マーク・ロマネク監督は、1986年に「スタティック」(Static)というコメディ・タイプのドラマ映画監督デビューを果しましたが、その後は音楽ビデオやCMの世界に転向し、2002年にようやく、ロビン・ウィリアムズ主演のサイコ・スリラー第2作ストーカーを発表した人です。2005年にはマイラ・ゴールドバーグ文学リチャード・ギアジュリエット・ビノシュ主演に配した「綴り字のシーズン」(←これは見逃せない傑作!)を発表しますが、この作品では製作総指揮にとどまり(監督はスコット・マクギー)、自らメガホンはとりませんでした傾倒しているスタンリー・キューブリック監督のように寡作なマーク・ロマネク監督がやっと第3弾として選んだわたしを離さないでは…、 
  → 

続きを読む

シャイア・ラブーフがジョン・グリシャムの新刊「アソシエイト」映画化に主演決定!!、秘密を抱えた若き弁護士のリーガル・スリラーに挑戦!!

シャイア・ラブーフ-ジョン・グリシャム
ジュリア・ロバーツの「ペリカン文書」(1992年)や、マット・デイモンの「レインメーカー」(1995年)など、数々のヒット映画の原作者として知られる法廷サスペンス小説の第1人者ジョン・グリシャムが、来年2009年1月27日アメリカで出版する384ページ新刊アソシエイト」が、早くもシャイア・ラブーフ主演映画化されることが決定しました。「アソシエイト」は、ジョン・グリシャムにとっては2005年の「大統領特赦」以来となるリーガル・スリラーの最新作です。映画化パラマウント映画で製作され、プロデューサーを「トランスフォーマー」シリーズのロレンツォ・ディ・ボナベンチュラがつとめます。ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラは、最新作トランスフォーマー2」(2009年6月全米公開)の中東での撮影中に、ジョン・グリシャムの代理人から送られた発売前の新刊を読み、ロケ現場シャイアに主演をもちかけシャイア内容を気に入って承諾しました。この「アソシエイト」で、シャイアが演じることになるのは…
  → 

続きを読む