格闘映画王国タイの過激なフルコンタクト・ムエタイ・バスケットボール・ムービー「ファイアーボール」の予告編と動画!!

ファイアーボール-1
ファイアーボール-ポスター2006年クーデター倒されたはずのタクシン政権が、実質的にまた復活してしまったことに憤る反政府勢力が空港を占拠し、非常事態宣言が出されているタイは、微笑みの国と言われるだけあって、先のクーデターも無血で、現在大きな武力闘争にまでは至ってない小康状態な訳ですが(爆破テロみたいな事件は起きてますが…)、主張を行動に訴え出る血気盛んな国民性は、タイ格闘映画王国であることからも察せられます。そんなタイの格闘映画を代表するスタートニー・ジャー最新作マッハ2!!!!!!」の写真を、おとつい(28日)、ココでたくさん紹介しましたが、実は気になっているタイの格闘映画がもう1本あります。それがフルコンタクト・ムエタイ・バスケットボール・ムービーファイアーボール」です!!、“フルコンタクト・ムエタイ・バスケットボール”と言われれば、何となく中身を想像できると思いますが、ズバリ格闘技のケージマッチとバスケットボールを強引に一緒にやってしまう作品です。似たような映画として、中華系の「カンフーダンク」(2008年)がありましたが、同映画大学バスケを舞台に、青春ものとして明るいコミカルなタッチもあったのに対し、「ファイアーボール」は非合法アンダーグラウンドのセメント・デスマッチマジ格闘映画です。そんな「ファイアーボールのストーリーは…
ファイアーボール-2
金網バスケ・デスマッチの会場はこちら → 


http://c.brightcove.com/services/viewer/federated_f9/1896802316?isVid=1&publisherID=1214718128
警察に捕まってしまった主人公のタイを、双子の兄弟タン保釈金を工面し、助けてくれるのですが、釈放されたタイがタンを訪ねると、タンは昏睡状態で意識を失っていた…。タンの恋人パン昏睡の原因を尋ねたタイは、タンが保釈金を作るために命がけで闇賭博の格闘バスケットボールに関係したことを明かされる…。タンを半殺しにした野朗はどこのどいつだッ?!タイは仇討ちのため、格闘バスケットボールのチーム“ファイアーボール”の選手=ファイターとして、裏社会に足を踏み入れる…ッ!!という内容です。
ファイアーボール-3
ファイアーボール-4
主人公のタイを演じているのは、タイで人気のロックバンドクラッシュ”のボーカルバンク。そんな言わば、アイドル映画的な趣もある作品ながら、ロックシンガーも本格的に総合格闘技してしまうところが、まさに格闘映画王国タイならではといった感じですね。
ファイアーボール-5
ファイアーボール-6
予告編写真をご覧になれば、ビジュアルもクールに決まっていて、格闘もボコ殴りで迫力がありそうですが、ボールを防御の盾とするなど、ボールを抱えて持ったまんまなところは、バスケットボールの試合としては、もうどうでもいいのかもしれません
ファイアーボール-7
ファイアーボール-8
ファイアーボール-9
ファイアーボール-10
このおもしろそうなファイアーボール」は、タイ国内で来月12月25日から公開の予定。日本で封切られそうな感じはしませんが、DVDぐらいはリリースされるかもしれません。と言うか、タイの人気映画の常として、国内でDVDがリリースされれば、即座に全編がYoutubeで公開されて削除もされず普通に観られることにはなってしまいそうですが…。海賊版ビジネスが成立できない野放しというのもスゴイです。
※ 「商業サイト」での文章の二重使用・無断転載厳禁。引用の場合はリンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中