サンクスギビングデーなので、「スター・ウォーズ」のキャラクターたちによる陽気な“マナマナ”でもお聴きください!!


セサミストリート-カーミット本日アメリカでは、11月の第4木曜日ということで感謝祭(サンクスギビングデー)のお休みに入ってしまい、あまりハリウッド映画のニュースがありません日本にはまるで関係のない感謝祭ですが、リラックスしたホリデイ気分はおすそ分けされたいと思うので、「スター・ウォーズ」の皆さんによる愉快なマナマナでもお楽しみください。“マナマナ”は「セサミストリートから生まれた名曲よく紹介されるのですが、本当1968年イタリアのドキュメンタリー映画天国か地獄か」のサウンドトラックから拝借したもので、作曲者ピエロ・ウミリアーニです。同映画の内容は、スウェーデンフリーセックスの性文化に焦点をあてたものなので、それが子供向け番組の名曲になってしまったのですから、おかしな話ですね。ピエロ・ウミリアーニの映画音楽を、ナンセンス曲マナマナ”(Mais Non, Mais Non)に変えてしまったのはフランスの歌手アンリ・サルヴァドール。それを1969年マペットたちに歌わせてアメリカに紹介したのは「エド・サリバン・ショー」であって、「セサミストリートではありませんでした。けれど、“マナマナ”が楽しくて好評だったので、「セサミストリート」で流用したということですね。“マナマナ”と感謝祭との間にも何の関係もありませんが、とりあえず、この「スター・ウォーズ」の“マナマナ”は楽しくて休日気分が感じられるので、週末にはふさわしいかなと思います。
※ 「商業サイト」での文章の二重使用・無断転載厳禁。引用の場合はリンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中