イーライ・ロス監督の最新作の戦争映画「イングロリアス・バスターズ」の写真と動画!!、アレ?、監督はタランティーノじゃなかったっけッ?!

イングロリアス・バスターズ-1
うぉーッ!!墜落している兵隊さんは、今月11月初めから5日頃までにかけて、ドイツ・ザクセン州ゲルリッツで行なわれたクエンティン・タランティーノ監督の最新作戦争映画イングロリアス・バスターズ」のロケ現場撮影されたものです。この「イングロリアス・バスターズ」は、今年5月カンヌ映画祭タランティーノ監督が、来年2009年のカンヌ映画祭で上映すると公約したため、大急ぎで作られている作品ですが、タランティーノ監督はその公約を実現し、切腹をまぬがれるための秘密兵器の助っ人を連れて来ていたことがわかりました!!、それが見出しで書いたように、残酷映画ホステル」シリーズのイーライ・ロス監督です!!イーライ・ロス監督は、ブラッド・ピット親分兵隊やくざ軍団ひとりとして、野球のバットナチスの鉄兜べコベコにして頭を砕くブチぎれ野朗ドニー・ドノウィッツ軍曹を演じる“俳優参加のはずでしたが、実は一部監督を任されており、このゲルリッツの現場では…
(以下、続きを読むの後です↓)
イングロリアス・バスターズ-8
イングロリアス・バスターズの写真・動画、盛りだくさん!!
 タランティーノ監督が待ち受ける戦場の入り口はこちら →

あの計画シリーズのウェイアンズ兄弟の最新バカ映画「ダンス・フリック」のポスターと予告編!!

ダンス・フリック-ポスター
ホラー映画パロディを詰め込んだ「最終絶叫計画」シリーズや、女装で笑わせる「最凶女装計画」(2004年)、誰にもバレない訳がないあり得ない赤ちゃんの扮装が通用してしまう「最凶赤ちゃん計画」(2006年)など、ひたすら、くだらない映画だけを作り続けているキーネン・アイヴォリー・ウェイアンズと、その親族一同らによる最新作ダンス・フリック」のポスター予告編です(続きを読むの後)。邦題はまず間違いなく最凶ダンス計画」か、「最凶ミュージカル計画」になりそうな本作は…、 → 

続きを読む

ミッキー・ロークとダイアン・レインが対決するエルモア・レナード原作のサスペンス映画「キルショット」のポスターと予告編!!

キルショット-ポスター-1
クライム・ノベル人気作家エルモア・レナード同名小説映画化した「キルショット」が、2006年秋からオクラ入りになっていたのですが、悪役を演じたミッキー・ローク最新作ザ・レスラー」がベネチア国際映画祭のグランプリを獲って評判となり、次回のアカデミー賞主演男優賞候補筆頭にあげられているほか、主演女優ダイアン・レインも、「ブラックサイト」(2008年)、「最後の初恋」(2008年)と主演作がヒットし、好調なことから、それらの余勢に乗り、ようやく陽の目を見ることができそうです。本作の内容は、邦訳本を出版する小学館文庫の紹介によれば… → 

続きを読む

ジョージ・クルーニーが米軍の拷問の実態を告発する社会派の最新作「実録・アメリカ超能力部隊」のスニーク・フォト!!

ジョージ・クルーニー-実録・アメリカ超能力部隊-1
アメリカでは今日となる15日の土曜日に、ニューメキシコ州アルバカーキ撮影された、最新作実録・アメリカ超能力部隊」(Men Who Stare at Goats)のロケ現場でのジョージ・クルーニーです。本作は、2004年イギリス人ジャーナリストジョン・ロンスンが著わした同名の原作映画化しているものですが、日本語の本の題名からすると、いかにもエスパーが出てきて闘うサイキック・バトルSFアクションのような感じです。しかし、実際の映画の内容は、米軍グアンタナモ収容所で行なっているとされるような拷問の実態を暴くといった社会派映画となりそうな予感です。ジョン・ロンスンの原作は、80年代米軍超能力者を育成して、武器を使わずに闘える特殊部隊を作ろうとしていたらしいことを追った…、 → 

続きを読む