カルト映画の鬼才ジョン・ブアマン監督がCGアニメに初挑戦する新作「オズの魔法使い」の貴重なコンセプト・アートを入手!!

オズの魔法使い-ジュディ・ガーランド
永遠の少女スタージュディ・ガーランド主演し、1939年製作以来約70年間も愛され続けているヴィクター・フレミング監督のファンタジー・ミュージカル映画オズの魔法使い」(↑)を、原作(ライマン・フランク・ボーム著)の再映画化という体裁で、CGアニメでリメイクし、監督ジョン・ブアマンがつとめるというアナウンスが、先週の木曜日(6日)にあったのですが、今ひとつピンとこず、そのニュースをお伝えしていませんでした。ピンとこないというのは、ジョン・ブアマン監督が、ショーン・コネリーカルトSF未来惑星ザルドス」(1974年)や、映像実験のサンプル集のような「エクソシスト2」(1977年)、黒澤明監督の映画にオマージュを捧げた「エクスカリバー」(1981年)、そして、そのクロサワ映画のアイコン三船敏郎リー・マーヴィン南海の無人島で対決する、たった2人の戦争映画太平洋の地獄」(1968年)など…と、語っていけばキリがないのですが、とにかく、作風にクセのある人で、そのようなカルト監督ジョン・ブアマンがアニメに初挑戦?!しかもオズの魔法使い?!となれば、ひと筋縄ではいかない人なので、うかつに想像ができませんでした。しかし、この約2,500万ドルの製作費で作られ、2010年夏に公開される予定のCGアニメオズの魔法使い」は、すでに約2年前から製作準備に取り掛かっていたことがわかり、コンセプト・アートや、キャラクター・デザインなども、ほぼ仕上がっていました!!ピンとこなかったジョン・ブアマン監督のオズの魔法使いの世界のイメージ具体的につかむことができる、その貴重なデザインの数々を見つけてきたので、ぜひご覧になりどのようなアニメ映画になるのか?!想像を膨らませてください!!オズの魔法の国の入り口はこちらです!! → 


オズの魔法使い-ドロシー-トト
 ↑ 主人公のドロシーと愛犬のトトジュディ・ガーランドお姫さまっぽいドロシーと違って、カンザスの田舎の農家の娘という設定に沿って、少しボーイッシュなイメージに描かれています。かかとを3回鳴らすことになるドロシーの靴のデザインに注目!!羽がついてます!!
オズの魔法使い-臆病なライオン
 ↑ 臆病なライオン何か弱った顔をしてますね…
オズの魔法使い-ブリキ男-3
 ↑↓ どうしてボクには心がないの…?と、心がない割りには、
   せつなそうなブリキの木こりちゃん

オズの魔法使い-ブリキ男-1
オズの魔法使い-かかし
 ↑ オラ脳みそがないかかし男だぁ!!
オズの魔法使い-エメラルド・シティ-1
 ↑↓ ドロシーたちが目指すエメラルド・シティ
    魔法使いオズの姿が空に浮かんでいます
オズの魔法使い-エメラルド・シティ-2
オズの魔法使い-西の悪い魔女のお城
 ↑ 西の悪い魔女のダーク・キャッスル
このCGアニメオズの魔法使い」の脚本を手がけているのは、アクション映画S.W.A.T.」(2003年)、アニメロボッツ」(2005年)の原作者として知られるロン・ミタジム・マクレインコンビです。キャラクター・デザインを観るかぎりでは、意外にかわいらしい印象ですが…、ジョン・ブアマン監督だけに、きっと、どこかに毒が盛り込まれているのは間違いありませんッ!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中