スピルバーグ監督が「漫画アクション」からウィル・スミス主演作の原作をピックアップ!!というマジ・ニュース!!、信じますか?!

ウィル・スミス-スピルバーグ
オールドボーイ時々、訳のわからないニュース???が載っている映画メディアの最高権威バラエティが、スティーヴン・スピルバーグ監督が、ウィル・スミス主演にして、韓国パク・チャヌク監督の復讐3部作1本である「オールド・ボーイ」(2003年)のリメイクを検討中だと、クソ真面目に報じています。そのバラエティも含めて海外の映画メディアは、「オールド・ボーイ」を単に韓国映画として紹介することが多いですが、原作は「漫画アクション」(双葉社)で連載されていた、土屋ガロンさんと嶺岸信明さんによる劇画なので、そのをたどれば見出しのように、スピルバーグ監督が漫画アクションから原作をピックアップ!!という冗談めいた言い方が成立してしまいます。映画オールド・ボーイ」は、2004年カンヌ国際映画祭審査委員長だったクエンティン・タランティーノ監督から激賞され、審査員特別グランプリを贈られたことは、よくご存知と思います。で、実際に映画をご覧になった方は、確かにタランティーノが好きそうな映画だよなぁ~と、映画自体にではなく、タランティーノ監督がオールド・ボーイを観た時の反応想像して苦笑してしまったのでは?!、そんなタランティーノ監督が熱狂するダーク反社会的バイオレンス映画を、ウィル・スミス主演までは譲歩できても、あのスティーヴン・スピルバーグ監督が自分で撮りたがるとはあまり納得がいきません…バラエティは…、 → 

続きを読む

何でも「イエス!」と答えたらどうなるの?!という実験を、ジム・キャリーが捨て身でやってくれるコメディ映画「イエスマン」の予告編と写真!!

ジム・キャリー-イエスマン-1
ダニエル・ラドクリフに代わって、ハリー・ポッターを演じるつもりで、やる気満々ジム・キャリー写真は、彼の最新作イエスマン」の一場面です。この「イエスマン」は、イギリスBBCなどでフリーの番組プロデューサーや、またコメディアンとしても活躍する一方、作家として著作を発表しているダニー・ウォレスが、2005年に出版した同名の本映画化したものです。その本の内容はダニー・ウォレスが、これまで自分がNOと拒否してきたこと総てにYESと答え受け入れてみたらどうなるだろう?!という実験半年間自分でやってみた記録です。そのように何事もYES」と迎え入れる姿勢は、ポジティヴな生き方として、ダニー・ウォレスの生活を充実させてくれつつも、その反作用としてのほころびも…という辺りに、人生の機微のユーモアを表した著書と評されています。映画では、ジム・キャリー演じる、ちょっと偏屈なカール自己啓発プログラムに参加することになり… → 

続きを読む

ミーガン・フォックス主演のかなりエロくなりそうな「ワンダーウーマン」の二次元的にはOKのポスター!!

ミーガン・フォックス-ワンダーウーマン
トランスフォーマー」シリーズのシャイア・ラブーフガールフレンドミカエラ・ベインズとして知られる、女優はエロくてナンボが信条スケベ天使ミーガン・フォックスフィーチャーした「ワンダーウーマン」の映画ポスターですが…、ワーナー・ブラザースはこんな映画を作っていないので、もちろん、ニセモノです。「ワンダーウーマン」はDCコミックスの人気キャラクターのひとりとして有名ですが、70年代に、元ミス・アメリカリンダ・カーターを起用したテレビドラマ化成功しただけで、それ以来、映像化は成功していません。このミーガン・フォックスの「ワンダーウーマン」のポスターは非常にセンスがよくて説得力があり、映画のイメージの想像が広がって、本当にこれが映画化されて成功しそうな錯覚に落ち入りそうになりますが、現実に覚醒すると、ミーガン・フォックスの演技力とカリスマでは、こうしたヒーロー系アクション大作の主演を張るのは少し無理がありそうです。また、ミーガン・フォックスが演じると、正義のヒロインなのに、やたらとエッチになりそうで、それもちょっと子ども向けには問題になりそうです。よって、フォトショップポスターの二次元的にはOKですが、映画的には……となってしまいます。しかし、このポスターを作った人は、ミーガン・フォックスをワンダーウーマンにしようと躍起になっていて、サイトまで作って話題を広め、支持を集めようとしています。けれど、その努力世の男どもの妄想を駆り立てるだけで終わりそうです。残念ッ!!
※ 「商業サイト」での文章の二重使用・無断転載厳禁。引用の場合はリンクをお願いします。

マイリー・サイラス15歳とジョン・トラボルタ54歳がデュエットのディズニー最新アニメ「ボルト」の主題歌「I thought I lost you」の音楽ビデオ!!

http://www.traileraddict.com/emb/7262
年齢をわきまえない調子に乗りすぎた態度で、もはや目障りな存在と化しているハンナ・モンタナマイリー・サイラスと、ジョン・トラボルタが歌うディズニー最新アニメボルト」の主題歌I thought I lost you」です。「君を失ったと思った…」という歌のタイトルは、迷子になったタレント犬のボルトと、ドラマで共演している仲よしの少女タレントペギーが、お互いにもう会えないのかも…と思うことになる映画のストーリーを表したものですね。ペギーの声担当しているのがマイリー・サイラスで、ジョン・トラボルタは、犬のボルトです。「サタデー・ナイト・フィーバー」(1977年)や、「グリース」(1978年)で一世を風靡し、オリビア・ニュートン=ジョンとのデュエット歌の大ヒットも飛ばしたジョン・トラボルタは、まさか30年後娘のようなアイドル歌手とデュエットすることになるとは想像もしていなかったでしょうね。この「ボルト」は、11月21日から全米公開ココアメリカ映画館のオーナーたちが怒り狂った本作の4分間もある予告編があります。映画館のオーナーが怒ったのは、その予告編が長すぎるせいで、CMを上映できず収入が減ってしまったからです。
ディズニー-ボルト-4
※ 「商業サイト」での文章の二重使用・無断転載厳禁。引用の場合はリンクをお願いします。

タイのアクション・スター、トニー・ジャーが最新作「マッハ2」のポスターをまとめて3枚同時リリース!!

トニー・ジャー-マッハ2-ポスター-1
タイアクション・スタートニー・ジャー代表作マッハ!!!!!!!!(Ong Bak)」(2003年)とは内容に何のつながりもないながら、「マッハ2!!!!!!!!(Ong Bak2)」という続篇としての題名をつけている最新作のポスターをまとめて3点公開しています。この「マッハ2」は、トニー・ジャーが、ノーワイヤーノーCGを売りに生身の格闘スタントを観せるアクション・スターとして主演するだけでなく、初監督もつとめている作品ですが…、 → 

続きを読む

ジャン=クロード・ヴァン・ダムが最新作「ユニバーサル・ソルジャー3/ニュー・ビギニング」で、ドルフ・ラングレンとのリターン・マッチを要求!!

ユニバーサル・ソルジャー-ジャン=クロード・ヴァン・ダム
落ち目のアクション・スタージャン=クロード・ヴァン・ダム”を演じている、自分をネタにした自虐的な新作その男ヴァン・ダム(JCVD)」(12月27日公開)が、今週末7日からアメリカで限定公開されるベルギーのアクション・スタージャン=クロード・ヴァン・ダムが、MTV取材に答え、代表作SFアクション映画ユニバーサル・ソルジャー」(1992年)のシリーズ第3弾ユニバーサル・ソルジャー3/ニュー・ビギニング」について語りました。オリジナルの「ユニバーサル・ソルジャー」は、ベトナム戦争戦死した有能な兵士を改造し、痛みの感覚や記憶などの感情を持たない無敵の戦闘モンスターとして、フランケンシュタインのように蘇生させるという軍の秘密実験をテーマにした作品で、ジャン=クロード・ヴァン・ダム演じる主人公リュック記憶を取り戻し同じユニバーサル・ソルジャードルフ・ラングレン(「ロッキー4/炎の友情」1985年)と対決するというストーリーです。監督は今や、「デイ・アフター・トゥモロー」(2004年)や、「紀元前1万年」(2008年)などのトンデモ映画で知られるローランド・エメリッヒですが、当時はまだ少しまともでした。この「ユニバーサル・ソルジャー」はその後、1999年続篇の「ユニバーサル・ソルジャー/ザ・リターン」が作られ、ジャン=クロード・ヴァン・ダムは自分よりも新型のユニバーサル・ソルジャーと対決しています。そして、いよいよ作られる第3弾なのですが…
 → 

続きを読む