「クイズ・ミリオネア」全問正解のヒントが散りばめられた運命の生い立ちのストリート・チルドレンの感動作「ぼくと1ルピーの神様」の予告編!!

http://cdn.springboard.gorillanation.com/storage/xplayer/ci001.swf
トレインスポッティング」(1996年)のダニー・ボイル監督がインドを舞台に、「クイズ・ミリオネア」で全問正解したスラム育ちの少年スラムドッグ波乱に飛んだ生い立ちと、彼がたどり着いたファイナル・アンサーの愛を描いた感動作ぼくと1ルピーの神様/スラムドッグ・ミリオネア」の予告編がやっと初公開されました。これまでにも何度も紹介している本作は、不特定多数の人の評価を平均した数字映画の価値を示す批評サイト Rottentomatoes.Com で、引き続き、これ以上はない驚異の100%の支持率を維持している他、評論家の多くが10点中の9点か、5つ星評価では4つ以上を与えているなど、客観的なデータの総合によれば、2008年アメリカ公開映画としては、「バットマン/ダークナイト」を抜き、今のところ最高の評価を与えられていると言える作品です。 ↑ の予告編では、そうした前評判にうなづけるような美しい映像による感動的な編集がされていますが、実際の本編スラムの貧困とそこから発生する犯罪なども正面から描き、そうした硬軟とりまぜたバランスのよさが本作の絶賛の根拠となっており、多くの映画ジャーナリストが結論として、“観客は目に涙をためながら笑顔で映画館を出ることになる”と保証しています。この映画を共同配給する数社の舵取りをしているのは、昨年から今年にかけて限定公開インディーズ映画ジュノ/JUNO」を、最終的に全米規模の大ヒット映画にプロモーションした20世紀FOX傘下のフォックス・サーチライト・ピクチャーズですが、この「ぼくと1ルピーの神様/スラムドッグ・ミリオネアも大化けさせられるでしょうか?!インドというエスニックな外国の物語なので、一般の注目を集めるのは少し厳しい感もありますが、日本同様に誰でも知っている大人気番組クイズ・ミリオネアの映画というツカミはよさそうなので、ガンバッてほしいですね。本作はアメリカでは11月12日から順次拡大公開です。ココに大変、美しいポスターがあります。
ぼくと1ルピーの神様-スラムドッグ・ミリオネア
※ 「商業サイト」での文章の二重使用・無断転載厳禁。引用の場合はリンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中