これが「ソウ」ブームの原点、オリジナルの短編映画「SAW」だッ!!、丸ごと鑑賞して、シリーズ完全制覇を目指して下さい!!

http://www.joblo.com/video/player/mediaplayer.swf
先週末、アメリカで封切られた最新作SAW5」が初登場興行ランキング第2位!!という、またまた大ヒットをかっ飛ばしている人気の残酷映画ソウシリーズの原点となる、2003年に製作されたオーストラリアの短編映画SAW」の全編(9分26秒)です。この短編でジグソウに囚われ殺人ゲームを強いられる主人公のデヴィッドを演じてるリー・ワネルは、 ↓ の写真のシリーズ第1作ソウ」(2004年)では、アダム役で主演していましたね。この残酷なシチュエーションのゲームハラハラさせながら、人間のエゴを描くというアイディアを思いついたオーストラリア人リー・ワネルジェームズ・ワンコンビは、リー・ワネルが脚本と俳優ジェームズ・ワンが監督をつとめる分業で、この短編映画を完成し、これをプロモーション・ツールとしてハリウッドに企画を売り込み長編商業映画化のチャンスを手にしました。その後の活躍はご存知の通りです。「ソウ」シリーズを「1」から「4」まで全作観ているファンの方でも、この「0.5は観ていないと言う方も多いと思います。なので、この短編SAW」を観て、11月28日(土)から日本公開の「SAW5」に備え、「ソウシリーズの真の完全制覇を果してください!!、字幕はありませんが、観れば全部わかります冒頭の場面は、デヴィッド刑事の尋問に答え、自分の恐怖体験を語り始めた…という設定です。この10分足らずの映画が、ふたりの無名の青年を億万長者にし、ホラー映画の流れを変えるブームを生み出したんですね…。
ソウ-SAW
※ 「商業サイト」での文章の二重使用・無断転載厳禁。引用の場合はリンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中