ミッキー・ロークとジェイソン・ステイサムがロシアン・ルーレットで殺し合い!!、究極の運試し映画「13/ザメッティ」のリメイクで対決決定!!

ミッキー・ローク-ジェイソン・ステイサム-サム・ライリー
13-ザメッティ-ポスター2007年日本でも封切られ、そのアンチ・モラルな内容と独特の肌寒いモノトーン映像注目を集めた、2005年製作フランスインディーズ・スリラー13/ザメッティ」のリメイク映画に、ミッキー・ロークジェイソン・ステイサム、そして、ラッパー50セント出演することになりました。このリメイクオリジナルの「13/ザメッティでデビューを果したゲラ・バブルアニ監督自らが手がけているもので、舞台をニューヨークに移し、カラー映画として製作されます。「13/ザメッティ」は、13人の男たちが一攫千金をモノにしようと、命がけの運試しのロシアン・ルーレット勝負に挑むのを、誰が生き残るか?賭けの対象として見物人たちが予想をし、大金を張るというアンダーグラウンド殺人闇賭博の映画です。父親も映画監督のゲラ・バブルアニ監督は、一か八かの映画の登場人物さながらに自己資金を元手に、弟のギオルギ・バブルアニを主人公として、この「13/ザメッティ」を撮り始めるという大きな賭けに打って出た結果、見事にヴェネチア国際映画祭最優秀新人監督賞を得たほか、2006年サンダンス映画祭でも作品賞を受賞しています。リメイク版では、オリジナルで監督の弟ギオルギ・バブルアニが演じた主人公は、先週、ココで紹介したイギリスダークヒーロー映画フランクリン」に出演している、「コントロール」(2007)で大ブレイクしたサム・ライリー(↑写真中)です。そういった有名俳優が出演し、カラー映画となることで、オリジナルのドキュメンタリーのようなリアルさは、リメイク版には望めないでしょうが、ゲラ・バブルアニ監督は、コンセプトは変わらないが、同じ映画を2度も撮る気はないと言っているので、かなり異なる展開を見せる、違ったタイプのエンタテインメント作品として仕上げるつもりなのかもしれません。ゲラ・バブルアニ監督としては、早くもアメリカ進出する、このリメイク版13/ザメッティ」で、あらためて商業映画の監督としての力量が真に問われる再デビューといったことになりそうです。そんな再び勝負に挑んだリメイク版13/ザメッティ」は来月11月17日ニューヨークでクランク・インする予定で、公開は2010年を目標にしているようです。それにしてもについて言うならば、最新作デス・レース」(11月29日公開)がアメリカで今いちウケずヒット作に恵まれていないジェイソン・ステイサムと、代役で主演した「ザ・レスラー」(12月19日アメリカ公開)がヴェネチア国際映画祭でグランプリを獲り、一躍、来年のアカデミー賞主演男優賞候補の最有力になっているミッキー・ロークとでは、明らかにミッキー・ロークにツキがありそうです。よって、ジェイソン・ステイサムは早々にロシアン・ルーレットで敗れてしまうかもしれません…ッ!!
13/ザメッティ予告編
http://vimeo.com/moogaloop.swf?clip_id=91294&server=vimeo.com&show_title=1&show_byline=1&show_portrait=0&color=&fullscreen=1
※ 「商業サイト」での文章の二重使用・無断転載厳禁。引用の場合はリンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中