サミュエル・L・ジャクソンのニック・フューリーが「アイアンマン2」では本格出演!!、ローディ中佐の配役変更問題についても語る!!

サミュエル・L・ジャクソン-ニック・フューリー
ロバート・ダウニー・Jr演じる主人公トニー・スターク親友であるローディ中佐役がテレンス・ハワードからドン・チードル不可解な配役変更がなされた問題波紋を拡げている「アイアンマン2」(2010年公開予定)について、今夏、大ヒットした第1作めの幕切れで登場したサミュエル・L・ジャクソンが、「2」では本格的な出演になることを明かしています。「アイアンマン」でサミュエル・L・ジャクソンがカメオ出演的に演じた役柄は、スーパーヒーローのオールスターで構成される夢のヒーロー戦隊アベンジャーズ」を指揮することになる秘密組織S.H.I.E.L.D.ニック・フューリーで、原作コミックを出版し、映画を製作しているマーベルは、その「アベンジャーズ」も2011年公開を目標に映画化の構想を進めています。サミュエル・L・ジャクソンが「アイアンマン2」について語ったのは、彼の最新作となる音楽映画ソウルメン」(11月7日アメリカ公開)の記者会見の席上においてですが、その際の談話によると、先週末18日(土)に行なわれた、スパイクTV主催のジャンル映画の祭典ザ・スクリーム・アワード」の会場で、ジョージ・ルーカスと話している時に、「アイアンマン」の監督もできるコメディアンジョン・ファヴローがやって来て、「出演契約がうまくいくことを祈ってるよ!!」と声をかけてきたとのことです。サミュエル・L・ジャクソンは、「アイアンマン2」では、ニック・フューリーはストーリーにからむ登場人物のひとりとなり、本格的な出演となること以外に、具体的な役回りなどは述べていませんが、渦中のテレンス・ハワード→ドン・チードル問題については、かねてから親友のドン・チードルと共演することは楽しみだが、まさか、あんなことが起きて、「アイアンマン2で共演するとは思わなかった…と、やはり、驚きを持って語っています。今回の電撃的な配役変更について、MTVショーン・アドラーが、マーベル・スタジオ製作部門の代表であるケヴィン・ファイゲ氏に、真相の事実を問い合わせる取材を行なっていますが、ケヴィン・ファイゲ氏は「ノーコメント」とした上で、「(配役変更の)発表はしていない映画業界紙が勝手に書いているだけだいずれ事実は明らかになる」とだけ答え、何も語っていません。しかし、報道を否定しなかったということは、取りも直さず、配役変更が事実であると解釈できそうです。また、先のサミュエル・L・ジャクソンの発言からしても、監督のジョン・ファヴローと直接会話をしたサミュエル・L・ジャクソンが配役変更を確認したのは明らかです。ちなみにケヴィン・ファイゲ氏の“ファイゲ”という名前は、彼がドイツ系であることを示唆しますが、ドイツ語のファイゲ”には“卑怯者の意味があります。こと今回の配役変更問題に関しては、オッサンお前のやってることは名前のまんまやんけ!!とツッコまれそうですね。サミュエル・L・ジャクソンは最後に自らのキャラクターニック・フューリーの今後の展開について、「でも俺が単独で主演のヒーロー映画はたぶん作ってもらえねえだろうなぁ」と自嘲的なユーモアのコメントで笑いをとっています。テレンス・ハワードが出なくなって残念なアイアンマン2」ですが、サミュエル・L・ジャクソンのニック・フューリーの活躍に期待したいですね。参考として、「アイアンマン」でのサミュエル・L・ジャクソン=ニック・フューリーの出演場面の動画を ↓ につけておくので、よろしければ、ご覧下さいロバート・ダウニー・Jrの帰宅を待ち構えていたサミュエル・L・ジャクソンが、「トニー・スターク君は君だけがヒーローだと思っているようだがそれは大間違いだ私はS.H.I.E.L.D.のニック・フューリー。『アベンジャーズについて話そう」と言っています。


※ 「商業サイト」での文章の二重使用・無断転載厳禁。引用の場合はリンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中