「スパイダーマン4」撮影を2010年にサム・ライミ監督が予定変更?!、「ザ・スリーパー」の主演もトム・クルーズからディカプリオに変えた?!

サム・ライミ
先月、ココで、トビー・マグワイアが「スパイダーマン」シリーズの最新作4」と「5」の出演契約を、2本まとめて5,000万ドル約52億円出演料で契約を交わしたというニュースをお届けしました。その時に、「スパイダーマン4」の撮影は、来年2009年秋から開始と伝えられていたのですが、監督サム・ライミMTVインタビューに応じ、「4」の撮影開始を2010年3月頃と答えているので、どうやら、トビー・マグワイアが再び、スパイダーマンのコスチュームに袖を通すのは少し先延ばしになったようです。それに関連してか、このMTVのインタビューで、サム・ライミ監督は、かつての発言と矛盾したことを言っています。それは6月ココで伝えたように、一度は「スパイダーマンシリーズを卒業したサム・ライミ監督が、またメガホンを握りたくなったのは、「ジェームズ・ヴァンダービルト(「ゾディアック」)の脚本が素晴らしいのでぜひ自分で撮りたい」と熱望していたはずが、最新のインタビューでは、「まだ脚本を受け取っていないので内容がよくわからない…」と前言を翻しています。また、連続で撮影される予定と言われてる「4」と「5」ですが、それもまだ決定してはいないと慎重に情報を訂正しています。キャスティングに関して、サム・ライミ監督は、出演が確実視されてる、スパイダーマンの恋人メリー・ジェーン役のキルスティン・ダンストはまだ確定しておらず、「彼女はシリーズには重要な存在なので、『4の脚本に彼女の登場が盛り込まれることを期待する…」と希望的観測を述べるだけにとどめています。ちなみに、キルスティン・ダンストのメリー・ジェーンは、キルスティン別のMTVのインタビューで、「『4には出演するが…」と微妙なことを口走り本人が困ってしまったことから、「4のクライマックスで彼女は死んでしまいそこで映画は終わり、「5はその復讐編か?などとされています。しかし、サム・ライミ監督はキャラクターが死ぬことを重要には考えていないようで、「3」(2007年)で死んでしまったハリージェームズ・フランコ再び起用したいと言っています…??。ようやく、GOサインの青信号が点り、新作の製作準備に入った「スパイダーマンシリーズですが、こうした情報が錯綜する感じでは、あらためてシリーズの展開が見直されているのかもしれません。撮影開始が再来年では、この先も変更点が出そうですが、ひとまず中間報告として伝えておきました。「スパイダーマン4」の公開2011年5月の予定です。ソニー・ピクチャーズその時期に「スパイダーマン4」のために映画館のスケジュールを空けておいて下さい営業してるので、その目標は多分変わらないのだと思います。ちなみに、サム・ライミ監督は、ココで伝えた、プロデューサーをつとめるコミック・ヒーロー映画ザ・スリーパー」の主演トム・クルーズから、レオナルド・ディカプリオ変更し、監督リドリー・スコット迎えて作るというニュースがあります。レオとサム・ライミの組み合わせは変な感じですが、レオの業界内での1番の親友はスパイダーマントビー・マグワイアですから、サム・ライミと組むのは納得です。でも、リドリー・スコット監督とサム・ライミのコラボというのは今ひとつシックリきませんね…。なので、この件も様子見で、本当に進展があれば、また後日…
※ 「商業サイト」での文章の二重使用・無断転載厳禁。引用の場合はリンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中