「バットマン/ダークナイト」で映画に革命を起こした天才、クリストファー・ノーラン監督の全てが詰まった原点の貴重な短編映画「あり地獄」!!

アメリカ映画興行ランキングで歴代第2位という、史上2本めの5億ドル超えを達成しただけでなく、単にヒーロー映画とはジャンルづけできない新しい映画のスタイルを作りあげたことからも、“映画の革命”と評されている「バットマン/ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督が、1997年に初めて作った約3分間の短編映画あり地獄」(Doodlebug)です。セリフはなく映像だけでストーリーのわかる作品で、最後まで、ご覧になれば、タイトルのあり地獄が何を意味しているか?、そのニュアンスが理解されると思います。この短編が注目に値するのは、ここですでに“終わりない連鎖のイメージをクリストファー・ノーラン監督が持っていたことで、それが後の、世間をアッと言わせた独創的なストーリーの出世作メメント」(2000年)に発展したのだろうことが、容易に想像されます。また、“後ろに誰かいるかも…”という不安が、「フォロウィング」(1998年)という尾行映画になったのかもしれませんし、全体としての“孤独な男が何かにとり憑かれている”という妄想感は、まさに「インスムニア」(2002年)から、「バットマンシリーズへと継承されていくもので、そのテーマの際立った頂点が、ヒース・レジャージョーカーではなかったか?という気がします。さらに、この短編からは“罰する者はまた自分も罰せられる”という業のような思想も伝わってきます。それもまたクリストファー・ノーラン監督の作品に底通して見られるテーマであり、「ダークナイト」のトゥーフェイスは、罰する者罰せられる者とが見せかけのように二分化された概念ではなく振り子のように行ったり来たりしているだけで容易に立場が翻ってしまう恐さを体現してたように思います。そのようにクリストファー・ノーラン監督の作品を読み取っていく上でこの短編映画は様々なヒントを与えてくれるだけでなく、同時にそれは、自分の内に抱えたテーマを、最初からシンプルな視覚表現のメッセージに集約できたクリストファー・ノーラン監督が映像作家として、並々ならぬ才能の持ち主であることを如実に理解させてくれます。最後に、本作でひとり芝居を演じているジェレミー・セオボルドは、この後、前述のクリストファー・ノーラン監督の長編デビュー作フォロウィング」に主演するだけでなく、プロデューサーとして作品が世に出ることにひと役買っています。クリストファー・ノーラン監督は、その友情に応えるように、「バットマン・ビギンズ」(2005年)では、端役ですが、ジェレミー・セオボルドを起用しています。長い休暇でリフレッシュをはかっているクリストファー・ノーラン監督ですが、そうした旧交を温めているのでしょうか
クリストファー・ノーラン
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中