ギレルモ・デル・トロがゾンビの出ないゾンビ映画「へイター」のメガホンを、「永遠のこどもたち」のファン・アントニオ・バヨナにバトンタッチ!!

ファン・アントニオ・バヨナ-永遠のこどもたち
ファン・アントニオ・バヨナ-へイター2007年12月に、ココで伝えた、イギリスのホラー作家デビッド・ムーディ原作を、ギレルモ・デル・トロ監督が映画化する、ゾンビの出ないゾンビ映画へイター」(HATER)は、その後、ギレルモ・デル・トロ監督が、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのプリクエールとなる、21世紀最初の超巨大映画プロジェクトホビット」の監督に就任したため、今年2008年に5月ココで、自らは監督せずプロデューサーだけを務めることにし、監督の人選を急ぐと語っていたのですが、その監督が、12月に日本でホラー映画永遠のこどもたち」(予告編)が公開される、ギレルモ・デル・トロ・ファミリーファン・アントニオ・バヨナ監督に決定しました。現在32歳ファン・アントニオ・バヨナ監督は、18歳の時に、映画ライターと身分を偽り(ギレルモ・デル・トロはそう言っている)、ギレルモ・デル・トロ監督に取材と称して近づき、親交を得たという映画大バカ野朗ですが、その後、ミュージック・クリップ短編映画の監督として、ギレルモ・デル・トロ監督も目を見張る活躍母国スペインで見せたことから、ちょうど1年前の2007年10月11日スペインで、前述の映画監督デビューのホラー映画永遠の子どもたち」を、ギレルモ・デル・トロ・プレゼンツ(プロデュースではなく、“プレゼンツ”とし、映画の出来栄えをギレルモ・デル・トロが自信を持って保証すると断言)により発表した、世界で注目されている期待の新人監督です。そのファン・アントニオ・バヨナ監督が、本来はギレルモ・デル・トロ監督が自分用にと暖めていたのを譲られた「へイター」は、理由もなく、人々が突然凶暴になり互いに襲撃しあうという恐怖の伝染を描いたホラー作品で、ゾンビの出ないゾンビの物語と言われている企画です。脚本を担当するのは、マイケル・チクリスが主演したテレビ・シリーズ「ザ・シールド/ ルール無用の警察バッジ」のプロデューサーで脚本家グレン・マッツァラですが、グレン・マッツァラは、ココで予告編を紹介した、アカデミー作品賞受賞作クラッシュ」(2005年)のテレビ版も手がけています。この「へイター」は、大雑把な予定としては、来年2009年に撮影を行いますが、屋外のロケは映画の舞台となるアメリカで撮影され、セット撮影は、バヨナ監督の地元スペインで行なわれるそうです。映画を製作するユニバーサル・ピクチャーズは、「へイター」の公開日はまだ決めていないようですが、スケジュール的に判断して、2009年末か、2010年初頭の全米公開となるのではないでしょうか?、ギレルモ・デル・トロ監督は超大作ホビットだけで向こう4年間も拘束されるのに、それに加えて、ひとりでは抱えきれないほど多くの企画を持ちすぎなので、さらに仕事を振れるファミリーの監督を増やさなければなりませんね。なお、ファン・アントニオ・バヨナ監督は来月11月大阪ヨーロッパ映画祭参加のため、来阪の予定です。
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中