アン・ハサウェイとケイト・ハドソンの美女コンビが醜い素顔を曝け出す、花嫁バトルの最新コメディ「ブライド・ウォーズ」の予告編とポスター!!

http://www.traileraddict.com/emb/6588
すでに続篇の製作も決定した全米大ヒットスパイ・コメディ映画ゲットスマート」が、明日11日(土)から日本で封切られるアン・ハサウェイが、ケイト・ハドソンバトルを展開する最新コメディ映画ブライド・ウォーズ」(Bride Wars)の予告編ポスターです。アン・ハサウェイ演じるエマと、ケイト・ハドソンのリヴ大の親友同士。そんな2人が共に結婚することになり、最初は互いに祝福しあっていたものの、結婚式が同じ日になってしまったことから、生涯一度の式を最高のものにすべく、式の会場の奪い合いから、当然ほとんど共通するゲストの友人の盗り合いまでと、どうにかして親友の結婚式を延期させようと手段を問わない闘いをおっ始めるという、女同士のもろい友情?ギャグとして描いた、ある意味、怖~いコメディです。アン・ハサウェイは、姉妹の結婚式に乱入する、ちょっとイカれた主人公を演じたホームドラマの最新主演作レイチェル・ゲッティング・マリッド」が、アメリカでヒット中なので、また、タイプの異なるウェディング映画に連続出演し、ヒットを狙う格好ですね。一方、ケイト・ハドソンは、最新作恋愛コメディマイ・ベスト・フレンズ・ガール」が、思いっきりハズしてしまい、これまでの男性俳優とのカップル・コメディが飽きられた感じなので、アン・ハサウェイとの女同士ペアで心機一転をはかろうということでしょうか?!、でも、そろそろコメディじゃなく、「あの頃ペニー・レインと」(2000年)や、「サハラに舞う羽根」(2002年)のような、ちゃんとした演技が求められるシリアスなドラマ映画にUターンした方がいいような気がします。この「ブライド・ウォーズ」は、アメリカでは2009年1月9日から公開監督は「シャーロットのおくりもの」(2006年)のゲイリー・ウィニックです。本作は、脚本を、人気コメディ番組サタデーナイト・ライブ」のケイシー・ウィルソンと、「ゾディアック」(2007年)に出演していたダイアン・ラフェエルという、ふたりの女優が手がけているところがおもしろいですね。きっと、私ならライバルの女をこう痛ぶってやりたい!!などと、互いに本音をぶつけ合いながら執筆したのでは?!、そんなふたりは当然本作にも本職の女優として共に出演していますが、もしかして主演したかった?!、さて、女によるオンナのバトル映画はヒットするのでしょうか?!
ブライド・ウォーズ
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中