北欧ノルウェーの雪山でも、奴らは生き延びていた!!、最新ナチス・ゾンビ映画「デッド・スノー」の予告編!!


ココで紹介したオランダ映画の「ワーストケース・シナリオ」や、ココスコットランド映画アウトポスト」などと同じナチス・ゾンビ映画の系譜に属する、ノルウェー映画最新作デッド・スノー」の予告編です。お話は、いたってカンタンで、ホラー映画のお約束として、グループ旅行の若者たちが登場し、たどり着いたノルウェーの雪深い山荘で、かつて、その土地で、住民らに惨殺されたナチス兵ゾンビとして蘇り、現代の若者たちとご対面ッ!!ということですね。監督は、トミー・ヴィルコーラという人で、長編映画はこれが2本目デビュー作は「Kill Buljo: The Movie」(2007年)という、クエンティン・タランティーノ監督の「キル・ビル」(2003年)のパロディ映画だったので、ホラーはこれが初めてということになります。本作の公開は、ノルウェーでもそう言うか?疑問ですが、 ↓ のポスターに書いてる通り、“お正月第2弾”となる2009年1月9日封切り。当然、ノルウェー国内だけの公開しか決まっていないのですが、人気のナチス・ゾンビものですし、今後、海外セールスも決まっていくのではないでしょうか?物語の前提として、ナチス兵の死体があり得る場所ということで、過去にナチスが駐留してた土地を舞台に選ぶしかないナチス・ゾンビものは、ヨーロッパならではのゾンビ映画のジャンルとして、今後も膨らんでいきそうですね。ま、ナチスは月面からやって来るッ!!という、矢追純一の「ナチスがUFOを造っていた」が原作としか思えない、フィンランドの「アイアン・スカイ」というナチス映画ココにありますが、これはゾンビではなく、SFです。それにしても、こうしたナチス・ゾンビ映画ブームは、いったい、いつになったら日本を襲ってくれるのでしょう?!
デッド・スノー-ポスター
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中