ジェシカ・アルバが「羊たちの沈黙」の人食いレクターに扮した、アメリカ大統領選挙を棄権すると、お前を食うぞ!!と脅迫してるポスター?!

ジェシカ・アルバ-アメリカ大統領選挙-2
先月、ココで、ジェシカ・アルバ残酷ポルノ風に、SMボンデージ・フェチな拘束で縛られている姿を紹介した、アメリカ大統領選挙キャンペーン・ポスター第2弾ですが、今回のジェシカ・アルバは「羊たちの沈黙」(1991年)の人食いレクター博士のような拘束をかまされ、また自虐的な気分の悦楽に浸り涙を流すほど官能しています。と言うのは、もちろん冗談ですが、この変なポスターを連発してるのは、正真正銘大統領選挙の投票率を上げようと努力している“デクレア・ユアセルフ”(Declare Yourself=自分の意見を言ってください)という政治的なキャンペーンです。キャンペーンの対象となるのが、18歳から29歳という、政治にあまり関心を持たず棄権しがちな若い有権者なので、こうした変わったデザインが採用されている訳ですが、エグゼクティヴ・ディレクターとして、このキャンペーンを指揮しているマーク・モーゲンスターンさんは、「異常なデザインだけれど若者の関心を集めることには成功している」と、マスコミに述べており、「11月4日の投票日までの残された1ヶ月の間でさらに目を引くデザインを投入していきたい」と抱負を語っているので、今頃は団鬼六SM小説でも読んで、次はどうやってジェシカ・アルバを責めようか?と、舌なめずりしながら思案しているかもしれません?!、しかし、世界のリーダーと言われるアメリカの大統領を決める選挙のポスターが、こんなイメージばかりでいいのか?!、ちょっと終末的な不安も感じます…。
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中