革命家チェ・ゲバラの伝記映画「チェ」は2部作でなく本当は3部作!!、1億ドル稼げば、第3弾を映画化とソダーバーグ監督が公約です!!

チェ-ベニチオ・デル・トロ
オーシャンズシリーズのようなオールスターのエンタテインメントから、「イギリスから来た男」(1999年)といったマニアックな小品まで、何でもござれと幅広くこなせる才人スティーブン・ソダーバーグ監督が渾身で作り上げた、革命の闘士チェ・ゲバラ闘争人生を描いた伝記映画の大作チェ2部作(4時間28分!!)について、同映画が大評判になった今年のカンヌ映画祭で、ソダーバーグ監督は、「映画を2本を作ってもゲバラの人生のすべてをまだ描けた訳ではない実のところはこの映画の企画は3部作で中間の1本はお金が無くて作れなかった…」と、すでに語っていたのですが、先月9月26日から開催中ニューヨーク映画祭での質疑応答で、ソダーバーグ監督本人が、「『チェが興行で1億ドル稼げたら第3弾を映画化する」と公約していたことがわかりました。ソダーバーグ監督が掲げた1億ドルの興行収入の目標が、2部作を合わせてのことなのか?それぞれ1本ずつ共に1億ドル稼ぎたいのか?、また、アメリカ国内での興行だけを指して述べたのか?、それとも全世界で1億ドルでいいのか?などの条件はわかりませんが、一般ウケする映画ではないので、1億ドルという大きな目標達成は、2本合わせた全世界の稼ぎを集めて、どうにか…といったところかもしれません。スティーブン・ソダーバーグ監督によれば、映画化できなかった3本めの作品とは、2部作の間の中編となるもので、前編アルゼンチン」で描いたキューバ革命後編ゲリラ」で描いたボリビア革命の間で、ゲバラが試みたコンゴ共和国での革命立ち上げの様子の姿を描くものだそうです。このベニチオ・デル・トロゲバラを熱演した「チェ2部作は、アメリカでの公開日はまだ決まっていませんが、日本では前編を「チェ 28歳の革命」、後編を「チェ 39歳 別れの手紙」という、女々しい最悪の邦題により、2009年お正月第2弾として前編の公開が決まっており、後編も追って連続して封切られる予定です。「39歳 別れの手紙って…不倫の映画か?何か?みたいですよね。どうして、男のロマンを追った革命家の過激な一生の映画が、そんな湿っぽい邦題なのか…??、まるで意味がわかりませんが、邦題のせいで映画がコケて3本めが出来なくなったらどうしよう…?!心配になります。ちなみに、ゲバラがコンゴにいたのは、37歳の時。もし、3本めが出来たら、「チェ 37歳の旅立ち」とか、そんな邦題?にでもなるんでしょうか…?!、大河映画チェ2部作前編アルゼンチン」のポスターはコチラ予告編はココです。
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中