「俺をウンコまみれの牛肉くんと呼ぶがいいさッ!!」と、あのシャイア・ラブーフが自分の変わった名前の意味を解説!!

シャイア・ラブーフ
最新主演作サスペンス映画イーグル・アイ」が初公開全米興行ランキング第1位絶好調シャイア・ラブーフが、パレード・マガジンの取材に応じ、自分の「シャイア・ラブーフ」という、少し変わった名前についての意味を説明してくれています。シャイア・ラブーフによれば、まず名字の「ラブーフ」=LaBeoufは、フランス語の“ビーフ”として牛肉を意味しますが、フランス語の正しいスペルは“LaBoeuf”であり、自分の名字は “e” と “o” が逆転した間違った綴りだと語っています。そのため、フランスに行けば、「自分の名前アホみたいやん!!」とバカにされてもおかしくないと述べているシャイア・ラブーフは、スペルが間違ってる理由を、「50年代のビート世代レズビアンだったバアちゃんがさぁ家族に反抗して名字の綴りを変えちゃったんだよね」と、家系をさかのぼった秘話を明かしてくれています。そして、「シャイア」の意味は「フランス語の下品な4文字言葉だよ」と、実はひどいサイテーの名前をつけられてしまったことを告白していますが、本人はいたって気に入ってるようで、「だから俺の名前をフランス語で直訳すると、“クソッタレ・ビーフみたいになる訳ちょっとさぁロックな感じでクールっぽくない?!」と、愉快に話しています。と、以上のことから言えるのは、おいッシャイアお前の名前フランスじゃあ放送禁止スレスレじゃないかッ?!というツッコミであり、フランス人シャイア・ラブーフの名前を見かけるたびに、アタマの中で「〇〇〇〇」を想像させられてたんですね…。そんな恥かしい名前の“クソッタレ・ビーフ”を、さらに日本語にしてみればウンコまみれの牛肉”になってしまうシャイア・ラブーフが主演の「イーグル・アイ」は、日本では10月18日公開です。
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中