9月26日~9月28日の全米映画ボックスオフィスBEST10!!

http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2489889&pid=877352973
*数字は、週末の興行成績-(公開館数)-トータル成績 の順です。
第1位イーグル・アイ    第2位最後の初恋     第3位レイクビュー・テラス    第4位ファイアープルーフ    第5位
バーン・アフター・リーディング
第1位イーグル・アイ」(10月18日公開)
   $29,200,000-(3,510館)-$29,200,000
第2位最後の初恋」(公開中)
   $13,570,000-(2,704館)-$13,570,000
第3位レイクビュー・テラス
   $7,000,000-(2,467館)-$25,700,000
第4位ファイアー・プルーフ
   $6,514,000-(839館)-$6,514,000
第5位バーン・アフター・リーディング
   $6,169,000-(2,649館)-$45,540,000
第6位イゴール    第7位ライチャス・キル    第8位マイ・ベスト・フレンズ・ガール     第9位セント・アンナの奇跡     第10位
タイラー・ペリーのザ・ファミリー・ザット・プレイズ    
第6位イゴール
   $5,500,000-(2,341館)-$14,339,000
第7位ライチャス・キル
   $3,803,000-(3,011館)-$34,805,000
第8位マイ・ベスト・フレンズ・ガール
   $3,800,000-(2,636館)-$14,529,000
第9位セント・アンナの奇跡
   $3,501,000-(1,185館)-$3,501,000
第10位タイラー・ペリーのザ・ファミリー・ザット・プレイズ
   $3,160,000-(1,604館)-$32,796,000
イーグル・アイシャイア・ラブーフサスペンス映画イーグル・アイ」が、もう少しで3,000万ドルという初登場第1位にふさわしい数字をあげ、第2位以下を大きく引き離して、ブッチぎりの独走!!冷え込みすぎだった9月の全米映画興行を、最終週で加熱してくれました。スティーヴン・スピルバーグがお気に入りのシャイア・ラブーフのために、23年ぶりにオリジナル・ストーリーを書き下ろした本作は、ヒッチコック監督の名作裏窓」(1954年)の原作小説(コーネル・ウールリッチ著)に、ほんのちょっとでも似てればナンでもカンでも盗作と訴える、同原作の映画化権のクレイジーな管理者らから訴訟を起こされた2007年の「ディスタービア」(※本件は訴訟クレイジーの訴え。ニュースにする価値あると思います?)のD.J.カルーソー監督(写真中)と再びタッグを組んだ作品。前作「ディスタービア」のオープニング成績は2,222万ドルだったので、コンビとしては、前作をしのぐことが出来て祝杯をあげているのでは?、ただし、「ディスタービア」は、主人公シャイアが自宅拘留中の身で外出不可という、お金のかからない設定だったため、たった2,000万ドルという低予算の製作費で作り上げることが出来ましたが、テロの陰謀に引き込まれ、片棒を担がされることになる「イーグル・アイ」は、作品がスケール・アップしたのに連れ、製作費は8,000万ドルもかかってしまいました。この8,000万ドルという数字は、「ディスタービア」がアメリカ国内であげた最終的な興行収入の数字8,020万ドルとほぼ同じであり、そういった観点からすれば、D.J.カルーソー監督とシャイア・ラブーフのコンビは、前作が相当に評価され、2人には大きな期待がかけられていることがわかります。そんなコンビは、すでに次の第3弾として、人気コミックY:ザ・ラストマン」(2010年公開予定)の映画化を検討しています。「Y:ザ・ラストマン」の内容は、謎の疫病?により、人類が子どもを作れなくなって男たちが死に絶えていく中シャイア・ラブーフが人類で生き残ったただひとりの男性になってしまうという、何だか、見方を変えればウハウハな終末世界が舞台の作品です。そんな「Y:ザ・ラストマン」はアポカリプス・ムービーとして、「イーグル・アイよりもさらにスケール・アップした映画となりそうなので、その「Y:ザ・ラストマン」に向けてのさらなる実績作りとして、今後、「イーグル・アイが見合うだけの大ヒットになるのか?注目ですね。なお、間もなく、「トランスフォーマー2/リベンジ・オブ・ザ・フォールン」(2009年5月全米公開)の撮影が終了するシャイア・ラブーフは、このからは、4月ココでチラとだけふれたアラン・グリン原作の「ブレイン・ドラッグ」の撮影に入る予定です。監督は、「幻影師、アイゼンハイム」(2006年)のニール・バーガークスリの力で、大天才となったシャイアが人生を思うままに操りますが、やがて、恐ろしい副作用に襲われる…というスリラーです。シャイアの演技力が試される映画となりそうですね。
最後の初恋コットンクラブ」(1984年)、「運命の女」(2002年)に続いて、リチャード・ギアダイアン・レイン3度めの共演を果した、ニコラス・スパークス原作の大人のラブストーリー最後の初恋」が、1日違いの日米ほぼ同時公開で封切られ、アメリカでは見事に第2位に登場。そのように日本でも公開中の本作なので、詳しい内容日本語公式サイトをご覧いただくか、映画館に足を運んでもらうとして、ここでは過去のニコラス・スパークス作品と興行的に比較をしてみると、大好評だった前作の「きみに読む物語」(2004年)は、オープニング成績が1,346万ドルだったので、この最新作「最後の初恋」は、11万ドルながら前作をしのいだことになります。しかし、最終的アメリカ国内で8,100万ドルを稼いだ「きみに読む物語の成功を受けた「最後の初恋」は、その前作よりも約400館拡大した規模で公開されていますから、それを踏まえると、ほぼ同じような成績となり、少し期待をはずしてしまったと言えるのかもしれません。と、以上のような書き方ですと、「きみに読む物語」から「最後の初恋」へと、同じ映画会社がシリーズニコラス・スパークス作品を作ってるような印象となりますが、「最後の初恋」はワーナー・ブラザースの映画で、2004年に公開された「きみに読む物語」はニュー・ライン・シネマの作品。「メッセージ・イン・ア・ボトル」(1999年)、「ウォーク・トゥ・リメンバー」(2002年)と、ニコラス・スパークスもの地道に作り、ブームの下地を作ったワーナー・ブラザースは、ニュー・ライン・シネマに漁夫の利のヒットをさらわれてしまってた訳ですね。そんなニュー・ライン・シネマを、今年2008年ワーナー・ブラザースが吸収し、飲み込んでしまった上で放ったのが、この「最後の初恋」な訳ですが、両社が力をあわせたほどの結果とはならなさそうです。それにしても、初恋を描いたジュブナイル映画の大傑作リトル・ロマンス」(1979年)で、14歳でデビューし、メチャクチャかわいかったダイアン・レインが、その約30年後に「最後の初恋という映画に出るなんて…
第3位は、先週初登場首位を飾った、サミュエル・L・ジャクソンサイコな隣人スリラーの「レイクビュー・テラス」。先週から、50%以上も売上げを落としてしまいましたが、本作は製作費が2,000万ドルと安い映画なので、とりあえず、黒字稼ぎの状態に入りつつあり、OKですね。
ファイアー・プルーフ839館というケタが違う少ない上映館数ながら、1館あたりで7,764ドルを稼ぎ、単館ベースではトップのイーグル・アイに次ぐヒット作である「ファイアー・プルーフ」が初登場で第4位の好位置につけています。この映画は、人気ドラマ愉快なシーバー家」に出演していたカーク・キャメロンが主演ですが、特に大スターでもなく日本ではまるで無名に近い俳優の映画がこんなにヒットしてるのには、ちょっとした訳が…。この「ファイアー・プルーフ」は、カーク・キャメロンの消防士ケーレヴが、火事の現場だけでなく、焼け落ちそうな夫婦の危機まで救わなければならない…という内容で、離婚に瀕した夫婦が、親からアドバイスを受けて、「ザ・ラブ・デア」(愛の挑戦?)という、40日間をかけて、お互いの愛を見つめ直す啓発プログラムを実践してみるというラブ・ストーリー?です。この映画を作った監督アレックス・ケンドリックは、ジョージア州アルバー二に拠点を置く、シャーウッド・バプテスト教会牧師であり、でやはり牧師ステファンと共に、メディアを通じての布教活動として、2003年にシャーウッド・ピクチャーズという映画会社を立ち上げ本作が3本めの映画となります。前2作では、アレックス・ケンドリック牧師は、監督だけでなく、主演までつとめており、2006年監督・主演したフットボール映画フェイシング・ザ・ジャイアント」は、日本でもソニー・ピクチャーズから、スポーツ感動もの映画のふりをして、DVDが発売されています。本作に登場する「ザ・ラブ・デア」という、うさん臭い40日間の愛の自己啓発メソッド?も、アレックスとステファンが考案したもので、同名の啓発本映画の公開にあわせて出版されています。…とまぁ、そんな訳ですから、この「ファイアー・プルーフ」は、そういった予備知識なしで観れば普通にアメリカ映画のボンクラ作の1本として受け入れられるかもしれませんが、そういった背景を知ってしまうと、神のありがたい教えを広め兄弟の啓発本を宣伝するためのプロモーション映画?!にしか見えません。なので、公開館数が極端に少ないのに、ヒットしてる理由が、“映画のどちらが支持されての結果なのか?は、ご想像におまかせします。しかし、の予告編映像のレベルは、果して、これで映画と言えるのでしょうか…??
ファイアー・プルーフ予告編
http://www.movieweb.com/v/V08H79bkpqyGHT
第6位ダークファンタジーのアニメイゴール」は、先週の初登場第4位から、約30%の売上げを落としての後退ですが、ベスト10の作品を見渡してもらえばわかるように、子どもが観られそうな映画はこの1本だけファミリーの観客は自動的にこのイゴールを選ばざるを得ません公開のタイミングの設定が上手だったということでしょうか?
公開3週めで、第7位ロバート・デ・ニーロアル・パチーノ2大スターが共演ポリス・サスペンスライチャス・キル」は、公開館数が多いにも関わらず、こんな成績…単館あたりでは、1,263ドルしか上がってきておらず、ベスト10中では当然最下位の売上げです。このままいけば、製作費の6,000万ドルを下回る結果で終わるのは必至で、もはや、デ・ニーロとアル・パチーノには集客力がないということが証明されてしまいます。アル・パチーノは、本作の監督ジョン・アヴネットと作った前作の「88ミニッツ」(2007年)も最終的なアメリカ国内での売上げが1,693万ドルという信じられない悪夢のような数字だったので、2本連続して惨敗となってしまいます。もしかすると、本作の低調な様子を眺めたメル・ギブソンは、俳優復帰作エッジ・オブ・ダークネス」で、デ・ニーロと初共演のはずが、デ・ニーロから裏切られたった2日で現場を去られてしまったことについて、“デ・ニーロお前なんてもういらないんだよッ!!と毒づいているかもしれません?!
先週初公開第3位だったコメディ映画マイ・ベスト・フレンズ・ガール」が、一気に第8位まで急降下製作費2,000万ドルの本作は大きな赤字になることはないでしょうが、主演のコメディアンデイン・クックは彼の前作噂のアゲメンに恋をした!」(2007年)も、国内の最終成績が3,500万ドルと奮わなかったので、第2のアダム・サンドラーや、第2のウィル・フェレルといった、コメディ映画のスターへの道は閉ざされそうです
セント・アンナの奇跡-スパイク・リー第9位第10位に、まるでタイプの違う黒人映画が2本並んでどん尻につけてしまいました第9位初登場スパイク・リー監督の戦争映画セント・アンナの奇跡」(予告編)は、内容もそれなりに評価され、期待されたのですが、2時間46分といった長尺が観客から敬遠されたのか?公開館数も少ないこともあって、目も当てられないオープニング成績です。製作費の4,500万ドルを取り返すことはすでに絶望的な雰囲気ですね。これまでスパイク・リー監督を支持していた黒人の観客層からも飽きられてしまったということでしょうか?クリント・イーストウッド監督を一方的に非難したような、スパイク・リー監督の、誰彼なく黒人差別主義者に仕立てあげてしまう過激な姿勢は、もう時代にそぐわない感があるので、同監督は、今後の発言には注意をした方がよさそうです。かくなる上は、賞レースにからんだ話題作りで、海外市場でのヒットを狙いたい本作ですが、この調子ですと、賞レースへの出馬も微妙な線です…
歴史的大ヒット作の「バットマン/ダークナイト」が公開11週めで、ついにベスト10から姿を消してしまいました。今週は第13位で、トータルの売上げは、5億2,446万ドルです。歴代第1位の「タイタニック」(1997年)まで、あと約7,500万ドルですが、射程圏内と言えるほどには、差をつめられてはいません。本来は沈むはずの船タイタニック」ですが、興行ランキングの洋上では、まだまだ無事に航海を続けていきそうですね
今週末は、伊勢谷友介木村佳乃日本人俳優も出演全世界失明のパニック映画ブラインドネス」(日本11月22日公開)が、いよいよアメリカで公開!!第何位で登場となるか?来週もお楽しみに!!
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中