リドリー・スコット監督のロビン・フッド映画「ノッティンガム」で、ラッセル・クロウとラッセル・クロウの本人同士が初共演?!という謎の発言!!

ラッセル・クロウ-リドリー・スコット
レオナルド・ディカプリオラッセル・クロウ2大スターが激突最新作スパイ・サスペンスボディ・オブ・ライズ」(2009年1月日本公開/ココに予告編)を監督した名匠リドリー・スコット(↑写真右)が、同映画の宣伝のため、MTVのインタビューに答えた中で、現在、製作が中断しているラッセル・クロウとのコンビによる5本めの映画で、ロビン・フッドをモチーフにした「ノッティンガム」について、ラッセル・クロウが演じる代官サー・ロバートが対決するロビン・フッドを演じるのはラッセル・クロウだ!!訳のわからない発言を行ないました。この「ノッティンガム」は、ショーン・コネリー(「ロビンとマリアン」1976年)や、ケビン・コスナー(「ロビン・フッド」1991年アメリカ映画)らを主演とした映画のほか、様々な形で語り継がれて来た、中世イングランドシャーウッドの森に潜む義族ロビン・フッドの伝説を、新たな視点から解釈(ラブストーリーらしい?)したもので、脚本を著わしたのは、「ミスティック・リバー」(2003年)のブライアン・ヘルゲランドと、「カンフー・パンダ」(2008年)の脚本家コンビジョナサン・エイベルグレン・バーガーです。彼らが手がけた新ロビン・フッドの「ノッティンガム」の脚本は、内容のユニークさから、ハリウッドのスタジオ各社の間で引っ張りだことなり、高値の入札競争の末、ユニバーサル・ピクチャーズが獲得しました。ユニバーサル・ピクチャーズは、リドリー・スコットを監督に迎える以前から、「ノッティンガム」の主演はラッセル・クロウでいこうと、あらかじめキャスティングを決めていましたが、そのラッセル・クロウ主人公?のロビン・フッドではなく、ロビン・フッドを捕まえる代官役の方だとわかってから以後は、では、誰がロビン・フッドを演じるのだ?!となり、やれ、「バットマン/ダークナイト」(2008年)のクリスチャン・ベールだとか、「コントロール」(2007年)で注目されたサム・ライリーだとか、様々な臆測が飛び交っていました。それがここに来て、メガホンをとるリドリー・スコット監督本人の口から、メディアでハッキリとロビン・フッドはラッセル・クロウと断言されたことで、ウワサのデマは終結を迎えそうですが、代わりに、義族のロビン・フッドはラッセル・クロウでそのロビン・フッドを捕まえる代官もラッセル・クロウとは、どういう意味なのか?!という、新たな謎の浮上となってしまっています。と言うのも、リドリー・スコット監督は、このラッセル・クロウが両方の役を演じることについて、映画の中で同一人物それぞれのキャラクターを一人二役で成りすましてるのだとか、両者は双子だったとか、いったい、どういった設定の物語から、ラッセル・クロウがロビン・フッドで代官なのか?理由までは明かしてくれなかったからです。まったく、もったいつけた言い方で、ロビン・フッドが誰なのか、わからなった以前の状態よりも、むしろ、ムズムズと靴の上から足を掻くスッキリしない気分で、ラッセル・クロウ一人二役の秘密が気になってしまいます。そこに加えて、冒頭に記したように、この「ノッティンガム」は、7月から“労働争議?”という、これまた、よくわからない理由で、製作準備が中断されていますから、万が一、このまま撮影が始まらないままに、企画がポシャってしまうなどしたら、ラッセル・クロウがロビン・フッドで代官で…の謎永久に解けずイライラは解消されないままになってしまいかねません。もしかしたら、重大な映画のネタバレ?かもしれない発言を、リドリー・スコット監督が行なった背景には、「ノッティンガムをどうにか撮影にこぎつけたいという狙いがあるのか?、あるいは、すでに問題が解決し、撮影開始のメドが見えたので、思い出してもらうために、再び話題を持ち出したのか?、どちらにしろ、「ノッティンガムをめぐる謎のウワサが、また映画メディアを騒がせそうです。ラッセル・クロウとラッセル・クロウが初共演?という、ラッセル・クロウが好きじゃない人は絶対に観たくないノッティンガム」は、当初の予定では、2009年11月全米公開です。しかし、リドリー・スコット監督は、ホントにラッセル・クロウが気に入ってるんですね
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

「ソウ」シリーズ最新作「SAW5」がフォト・ギャラリー追加で写真公開!!

saw5-11
10月24日全米公開の「ソウ」シリーズ最新作SAW5」が公式サイトフォト・ギャラリーに写真を追加しました。追加された写真の多くは、すでにこのブログでは紹介済みのものなので、まだ、ご覧頂いていない写真だけここに新たにあげておきます。この「ソウシリーズについては、あまりファンでない方は、“よくこれだけ続くなぁ…”と、良くも悪くも様々な意味で感心してると思うのですが、巷間言われてるように、このシリーズほど、コスト・パフォーマンスのよい映画はありません2004年に公開され、世界中にショックを与えた第1作めの「SAW」の製作費は、わずか120万ドル(約1億2,700万円)ながら、全世界で1億309万ドル(約109億円)の興行収入をあげました。そのザッと100倍という利益の高さを見れば、類似の作品続々と作られたのも、うなづけますよね。それで大評判になった第2弾の「SAW2」(2005年)は製作費400万ドル(約4億2,300万円)で、世界興収が1億4,773万ドル(約156億4,000万円)とさらに売上げを伸ばし、ならばとさらに製作費を1,000万ドル(約10億5,900万円)と倍以上も上乗せした「SAW3」(2006年)は期待に応え1億6,487万ドル(約174億6,000万円)と記録を更新しました。通常のハリウッド映画は、安くても2,000万ドル(約21億1,800万円)以上の製作費は費やされ、売上げとしては、「ソウ」シリーズを下回るものも少なくないですから、本シリーズがいかに儲けさせてくれる映画かは、以上の数字から、“よく続くなぁ…の理由としてわかっていただけたと思います。が、しかし、好調だったのは「SAW3までの話。昨2007年に公開された前作の「SAW4」(製作費は未発表。推定で1,000万ドル)は、売上げの数字が初めて下回り1億3,935万ドル(約147億5,600万円)とシリーズ史上ワースト2位に落ち込んでしまいました。では、客足の落ちたSAW4はつまらなかったのか?と言えば、そうではなくて、映画自体の出来はむしろ過去の作品より良かったとして、内容は好評価されています。にも関わらず、落ち込んでしまったのは、さらに前作のSAW3が不出来だったため、もうこのシリーズもダメだね…となり、ファンが離れてしまった結果が、「SAW4に跳ね返ってしまったのだと推測されています。そんな理屈に照らせば、最新作のSAW5」は、前作SAW4の好評を受けて、興行収入を盛り返すことになるのですが…。果して、「SAW5の結果はいかに?!と、あらためて注目してしまいますね。…とは言え、低予算の製作費で、確実に黒字が出ることだけは間違いないので、すでに「SAW6の製作準備にも早々と取り掛かっているのですが、「SAW5がガンバラないと、「SAW6ではかなりジリ貧になってしまうかもしれません。そんな期待のソウシリーズ最新作SAW5」は、日本では11月28日(土)から公開です。続きを読むの後にも、「SAW5の写真をあげているので、マニアの方はご覧下さい
saw5-12
saw5-14
saw5-13
saw5-15
SAW5の写真はこちら → 

続きを読む

さらば、ブッチ・キャシディ。名優ポール・ニューマンの青い瞳のまぶたは安らかに閉じられました…。


ポール・ニューマン-1ミシガン州のとある女性が週末に、コネチカットの田舎に旅行に出かけ、日曜の朝の散歩を楽しんだ後、小腹を満たそうと地元のアイスクリーム・パーラーに入って、ダブルディップのチョコレート・アイスのソフトクリームをオーダーする傍ら、日曜の朝から、自分以外にわざわざ、こんな店に来ている、奇特な1人の先客のカウンター席の男性を見やると、そこにいたのはポール・ニューマンだったそうです。ポール・ニューマンは、日曜の朝から、ひとりでドーナツを頬張り、コーヒーを飲んでいました。他に従業員以外は、自分と彼女しかいない店内で、女性と目が合ったポール・ニューマンは、いかにも地元のおじいさんが、旅行者によくするように、愛想よく、うなずいて会釈をしてみせたそうです。思いがけず、バッタリと大スターに出くわしたばかりか、あのポール・ニューマンが自分に愛想をふりまいてくれたッ!!と思うと、女性はドキドキしてしまいましたが、ポール・ニューマンさんは休日のプライベートな時間を、ひとりで過ごしているのだから、邪魔をしては悪いわ!!と思い、お釣りを受け取ると、そそくさと店を出てしまったそうです。店を出てから、女性は自分の手にソフトクリームがないことに気づき、あぁ、やっぱり、生のポール・ニューマンさんを見て、舞い上がったせいで、肝心のアイスをもらわずに出てきちゃったのね…ッ!!と、店に引き返しましたが、店内のカウンターには、コーンホルダーに乗ってあるべきはずの自分のダブルディップ・チョコレート・アイスがありません!!、キョトキョトする女性に向かって、ニヤリと笑ったポール・ニューマンは親しげな口調でひと言、「奥さん、アイスなら先ほど、ご自分でハンドバッグの中にしまわれましたよ」、あぁ…、ポール・ニューマンに出くわして、取り乱した女性は、普通の買い物で買った商品をカバンにしまうように、ソフトクリームをハンドバッグに押し込んで、店を出てしまったんですね…。ポール・ニューマンがいかに大スターで、女性に人気があるかのわかるユニークなエピソードですが、同時に、女性がソフトクリームをハンドバッグに詰め込むのを注意せず、黙ってクスクス見ていた辺りは、いくつになってもイタズラっ子だったポール・ニューマンの人柄をも偲ばせます。
ポール・ニューマン-2…以上は、FILMSCHOOLREJECTS.Com のライター、マギー・ヴァン・オストランドさんが紹介していた、名優ポール・ニューマンの晩年の逸話のひとつです。また、マギーさんは、かつて芸能エージェントだった頃、勤めていたオフィスのビルのオーナーのひとりがポール・ニューマンで、エレベーターで、ポール・ニューマンとよく出くわしたと思い出を綴っています。そんなマギーさんは、残業で遅くなりすぎた深夜2時に、新車のマスタングに乗って帰宅中、信号待ちをしていたら、となりにオンボロのワーゲンに乗ったポール・ニューマンがやって来て、顔見知りのマギーさんに向かって、信号が変わったら、どっちが先に飛び出せるか、レースをしようと誘いかけてきたそうです。俳優だけでなく、カーレーサーとしても知られるポール・ニューマンですが、いくらドライビングの腕が確かでも、相手が錆びついたオンボロのワーゲンなら、自分のマスタングが負けるわけはないと思ったマギーさんは、よしッ、ポール・ニューマンを負かしてやれ!!と勝負を受けましたが、信号が変わった途端、ポール・ニューマンのワーゲンは猛烈な加速で飛び出し、追いつく間もなく、アッという間に見えなくなってしまったそうです。呆気にとられたマギーさんが、翌日、同僚にこの出来事を話すと、「バカだなぁ、ニューマンのワーゲンは改造車で、中はレース用のエンジンを積んでるんだ。オンボロな外見で人を誘っておいて、イタズラをしてるんだよ」と教えられ、ポール・ニューマンの「レースをしようぜ!!」は、カーレーサーでもある自分に引っ掛けた、お得意のジョークだと知ったそうです。このように、スクリーン上だけでなく、ふだんの人生でも、多くの人と身近に楽しくふれあってきたポール・ニューマンが、かねてから患っていた癌のため、26日(金)、コネチカット州ウエストポートの自宅で、家族と親しい友人らに看取られ、息を引き取ったことを、代理人のジェフ・サンダーソン氏が発表しました。50年間も連れ添った名女優の妻、ジョアン・ウッドワードと映画、そして、カーレースと食を愛し、充実した人生を生きた名優の享年は83歳でした。「明日に向かって撃て!」や、「ハスラー」(1961年)、「スティング」(1973)、「ロイ・ビーン」(1972年)、「スラップショット」(1977年)、「暴力脱獄」(1967年)、「タワーリング・インフェルノ」(1974年)、「評決」(1982年)など、即座に思いつくだけでも、本当に多くの名作を遺してくれたと思います。
ポール・ニューマン-ノーバディーズ・フールそういった名作のうちには数えられていませんが、晩年に入った1994年に主演した「ノーバディーズ・フール」で、ポール・ニューマンが演じた、楽しくて、いい奴なんだけど、いい歳こいても、ちゃんとした大人にはなりきれないダメ親父の姿には、先のエピソードのような、ポール・ニューマンの等身大が投影されているようで、ファンの心には深く残ると同時に、世の中にダメな人間や、不要な人間なんて、ひとりもいないんだよ…と、やさしく教えてくれた映画だったと思います。共演のブルース・ウィリスも、大先輩に敬意を表し、脇役に徹した名演技で、むしろ、他の派手な映画よりも印象に残る存在感を発揮していますし、メラニー・グリフィスジェシカ・タンディと、素晴らしいアンサンブルの観られる映画なので、この機会にお薦めしておきます。また、ポール・ニューマンと言えば、語らずにはおけない、「明日に向かって撃て!」、「スティング」の相棒、ロバート・レッドフォードは、1979年の映画「出逢い」のロケ中に、親友ポール・ニューマンから大量のトイレット・ペーパーを陣中見舞い?で贈られ、見てみると、トイレペット・ペーパー全部に自分の顔が印刷されていて、共演の主演女優ジェーン・フォンダをはじめ、スタッフは全員、毎日、ロバート・レッドフォードの顔でお尻を拭くことになった!!というジョークをかまされましたが、「ポールはそこに本人がいなくても、周囲を楽しませて、映画の撮影をスムーズに進行させることのできるスゴイ人…」と、当時のインタビューで語っています。そんな相棒のブッチ・キャシディがいなくなって、サンダンス・キッドも寂しくなってしまいました…。と、ポール・ニューマンの話題でしんみりするのは、あまり故人もよろこばないと思うので、最後にもうひとつ動画を…。一度観たら、忘れられない、「暴力脱獄」(首から下げた栓抜きが妙にカッコよかった)の有名な茹で玉子を50個、大食いするシーンです。ポール・ニューマンはフード・ファイターの元祖でもあったんですね。さようなら、ポール。安らかにお休みになってください…。

※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。