「クローバーフィールド」のマット・リーヴス監督が、スウェーデンの少女ヴァンパイア映画の傑作「レット・ザ・ライト・ワン・イン」をリメイク!!

レット・ザ・ライト・ワン・イン-ヴァンパイア-スウェーデン映画
すでに今年の1月に、この映画中央情報局では、日本で公開されるアテもないのに、すんげーオモシロそうな映画を発見!!として注目していた、北欧スウェーデン少女ヴァンパイア映画Lat den ratte komma in」(英題:LET THE RIGHT ONE IN)を、「クローバーフィールド」(2008年)のマット・リーヴス監督がハリウッド・リメイクすることが決定しました!!、「レット・ザ・ライト・ワン・イン」( “この正しき者を入れたもう” というのは、ヴァンパイアは本来は招かれないと、他人の家には入れないことに因んだ題名ですね)は、日本でも公開された「フロストバイト」(2006年)に続く、スウェーデン映画史上で2作めのヴァンパイア映画で、原作は、スウェーデンの人気ホラー作家ジョン・アヴィデ・リンクイスト(John Ajvide Lindqvist)のベストセラーです。物語は、いじめられっ子の少年オスカーが、親切な少女エリの助けで、いじめっ子たちを見返すのですが…実はエリは人間ではなかった…ッ!!というもの。人間のオスカーと、ヴァンパイアのエリとの絆に焦点を当てた辺りは、ヴァンパイア映画の超話題作トワイライト」(11月全米公開)や、初回放送の手応えだけでシーズン2の製作が決定してしまった、アンナ・パキン主演のヴァンパイア・ドラマトゥルーブラッド」を彷彿とさせられますが、「レット・ザ・ライト・ワン・イン」の子どもが主人公という設定には、何だか、すごく切ないものを感じさせられます。マット・リーヴス監督は、そんな本作について、「原作と映画どちらにも圧倒されたこの物語には恐ろしさだけでなく心を揺さぶる感動がある…」として、アメリカを舞台にリメイクすることに意欲を見せています。「レット・ザ・ライト・ワン・イン」のリメイク映画を製作するのは、先頃、復活を果した、イギリスの名門ホラー映画スタジオハマー・フィルムと、ハリウッドのオーバーチュア・フィルムズです。両社は、このリメイク映画を2009年中の全米公開を目指したいとして、製作を急ピッチで進めてくれるようなので、感激ですが…、となれば、おいッ!!、「クローバーフィールド2はまた先送りかよッ?!となっちゃうので、その反面は、ちょっと痛いですね映画祭巡りが成功し、今や、北欧のみならず、アメリカはじめ各国の映画メディアで、“2008年の思いがけない収穫”として大絶賛され、“必見の言葉がつけられまくりのレット・ザ・ライト・ワン・イン」の素晴らしい必見の予告編はコチラポスターと写真はコチラです。本作は10月24日から、スウェーデン本国に加え、ロサンゼルスとニューヨークでも公開日本も、この少女ヴァンパイア・ブームに乗り遅れないように、早く公開してください!!
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中