アンジェリーナ・ジョリー最新主演作「チェンジリング」のポスター初公開と、スパイ映画「ソルト」は、やっぱりアンジー主演で製作を確認!!

チェンジリング-アンジェリーナ・ジョリー-フランス・ポスター
チェンジリング-アンジェリーナ・ジョリー-USAポスター今や、師匠ドン・シーゲル監督(「白い肌の異常な夜」1971年)をしのぐ、名匠となったクリント・イーストウッド監督が、アンジェリーナ・ジョリー主演に迎えた最新作チェンジリング」が初公開したポスターです。何となくポスターの雰囲気的にフランス語の方が似合ってるかな?と思ったので、フランス版を大きくしましたが、インターナショナル・デザインなので、←のようにUSA版ポスターも同じです。本作は、それぞれのポスターのタイトルの上に、赤字で小さくこれは実話です」と書かれているように、1928年に起きた事件を元にしたミステリーな映画。アンジー演じるクリスティン9歳の息子が何者かに誘拐されますが、ロサンゼルス警察は無事に子どもを救出の大手柄をあげてくれます。ところが、クリスティンの元に連れ戻されてきた子どもは別人で…この子は私の子どもじゃないッ!!クリスティンは主張しますが、当の9歳の息子も警察も彼女を否定し、ついにクリスティンは我が子もわからぬほど精神を病んだとして、病院に収容される…。果たして、真実を語ってるのは誰なのか?、そして、子どもはいったいどこから何の目的でやったのか?!と、現代なら、DNAで一発解決のお話ですが、当時はさぞかし、謎の深い不思議な出来事の事件だったのでしょうね(ココに動画)。さて、アンジーの映画のニュースを、もう1本ですが、主演を予定していたスパイ・スリラーエドウィン・A・ソルトから降板する見込みだとして、ココでお伝えしたのですが、MOVIEHOLE.net が同映画の最新情報として、オフィシャルな筋ソニー・ピクチャーズから伝え聞いたところによれば、アンジェリーナ・ジョリーは降板していないとのことです。当初、トム・クルーズ主演でスタートした「エドウィン・A・ソルト」は、タイトルをシンプルに「ソルト」に変え、トム・クルーズの男性主役を女性に置き変える脚本の性転換を進めており、予定通りにアンジェリーナ・ジョリー主演で、2009年2月16日から撮影をクランク・インするとのことです。題名を改められた「ソルト」は、CIAエージェントの主人公にかけられたロシアの二重スパイであるとの疑惑をめぐるスリラー映画で、監督は「ボーン・コレクター」(1999年)でアンジーを婦人警官にしていたフィリップ・ノイスです。婦人警官からCIAに出世した訳ですが、アンジーは、現在大ヒット公開中の「ウォンテッド」で、ロシア人監督ティムール・ベクマンベトフと組んでいたので、もしかして、その撮影の間にロシア側のスパイに引きずりこまれたのでしょうか…?!、といった映画マニアの妄想はさておき、冒頭の「チェンジリング」はアメリカでは、10月24日から先行限定公開の後、31日から全米封切りとなります。今のところ、本作のアンジェリーナ・ジョリーと、「家族の終わりに」(レオナルド・ディカプリオ共演)、「朗読者」と強力な映画を2本リリースする予定のケイト・ウィンスレット両者が、オスカーの主演女優賞ノミネートの筆頭候補にあげられています。賞レースの火蓋はとっくに切られているようです
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中