ブルース・ウィリス監督デビューのサイコ・スリラー「スリー・ストーリーズ・アバウト・ジョーン」のジョーンは、幽霊に救われるカミーラ・ベル!!

カミーラ・ベル
先週、ココでスクープとして、お伝えした、不死身の「ダイ・ハード」のブルース・ウィリス初めてのメガホンに挑む監督デビュー作の「スリー・ストーリーズ・アバウト・ジョーン」(Three Stories about Joan)のジョーンが、ローランド・エメリッヒ監督のトンデモはじめ人間映画紀元前1万年」(2008年)でヒロインを演じてたカミーラ・ベルだということがわかりました!!、1986年生まれのカミーラ・ベルは、90年代から子役として活躍し、2006年サイコ・スリラーストレンジャー・コール」 や、先の「紀元前1万年」で注目され始めてきたところなので、このブルース・ウィリス初監督作品への主演は、彼女にとっては大きなチャンスとなりそうです。「スリー・ストーリーズ・アバウト・ジョーン」の物語は、カミーラ・ベルのジョーンの人生における3つの局面を描く作品とのことで、身内の悲劇により現実を見失い自分を壊してしまいそうになる彼女が、幽霊により救われる…というお話だそうです。この“幽霊”というところが、サイコ・スリラー映画らしい?と言われている本作のミステリアスな売りのようですね。ブルース・ウィリスは、監督だけではなく、「沈黙の陰謀」(1998年)でカミーラ・ベルのお父ちゃんだったスティーヴン・セガールに代わり、父親役を演じるそうです。共演は、前にも伝えたオーウェン・ウィルソンと、キーラン・カルキン脚本は、新人クリストファー・アレクサンダーサム・アップルバウムという人たちのコンビだそうです。予算は2,500万ドル以下とのことなので、まずはあまり、お金をかけずに監督としての腕試しといった感じですね。製作は、ブルース・ウィリスがデヴィッドとロバートとのウィリス3兄弟で運営してるウィリス・ブラザース・フィルム撮影は前の記事の通り、10月2日からルイジアナ州シュリーブポートで行なわれますが、恐らく、発表が予想される2009年の注目作の1本として完成するのではないでしょうか?!、映画監督ブルース・ウィリスの誕生に乞う御期待ッ!!、ということで、また続報を楽しみにしておいてください
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中