悪の映画会社?!20世紀FOXをウォッチ(監視)に来た「ウォッチメン」のヒーロー、ロールシャッハがデモ抗議の写真!!

ウォッチメン-ロールシャッハ-1
ハリー・ポッター」とは似ても似つかぬインド映画ハリ・プッター」を著作権侵害と告訴したものの、裁判所から相手にされず大恥をかいたワーナー・ブラザースが製作しているダークヒーローのコミック映画の超大作ウォッチメン」の映画化権は、我が社のものであるとして、勝手に映画を作るなワーナー・ブラザースを告訴した20世紀FOXヘッドクォーターがある、ハリウッドFOXスタジオで、20世紀FOXはワーナー・ブラザースの邪魔をするなッ!!ピケを張り、抗議している、「ウォッチメン」のキャラクターロールシャッハさんです。もちろん、熱烈なウォッチメン」のファンコスプレで抗議活動を行なっている訳ですが、同じような行動を起こしたいと、心に思うウォッチメンマニア全米に膨大な数がいるとされています。「ウォッチメン裁判については、ココココココなどで記しましたが、20世紀FOXにウォッチメンの権利の一部があることは公的な文書で証明されており、撮影前の段階から、その映画化は違法と、ワーナー・ブラザースに再三警告を出したにも関わらず、強引に映画を作り始めたワーナー・ブラザース側に、慎重な配慮が足りなかったのでは?といった見方が一般的です。けれど、様々な報道を見出しでしか理解していないファンは、「ウォッチメン」の映画に待ったをかけた20世紀FOXを、一方的に悪者と決めつけ、非難しています。いずれにしろ、裁判が係争中なため、ワーナー・ブラザースと20世紀FOXのどちらに落ち度があるといった軽率な判断はできません。もしかすると、100億円以上の製作費をかけて作っている大傑作かもしれない映画が陽の目を見ず闇に葬り去られるかもしれないという、映画史上の大事件になる可能性も否定できない「ウォッチメン事件のトピックとして、この写真も紹介しておきました。「ウォッチメン裁判2009年から本格的な審理が始まる予定ですが、ワーナー・ブラザースは今だ、「ウォッチメン」の公開を2009年3月と断言し続け、勝利を確信しています。ハリウッドのメジャー・スタジオ同士が正面から大激突の「ウォッチメン裁判の行方には、映画と同じくらいハラハラですね…
ウォッチメン-ロールシャッハ-2
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

悪の映画会社?!20世紀FOXをウォッチ(監視)に来た「ウォッチメン」のヒーロー、ロールシャッハがデモ抗議の写真!!」への1件のフィードバック

  1. ビリーさん、すみません。
    これビリーさんにしか聞けなくて というか
    教えていただきたいのですが、
    わたくし「ウォッチメン」の公開をそれはそれは楽しみにしてるのですが、この作品の
    日本というか海外の配給はパラマウントさんと聞きました。これってアメリカでの公開権を、FOXさんとワーナーさんが争ってるわけですが、この争いが続く限り、パラマウントさんの日本公開も遅れるんですか?それとも、もしかして、全米だけが遅れて、日本とかが先に公開なんてこともあるんですか?

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中