レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの「タイタニック」コンビの最新作「家族の終わりに」が予告編を初公開!!

http://www.traileraddict.com/emb/6562
先週末にココで動画とポスターを紹介した時に約束しておいた、レオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレットという「タイタニック」(1997年)のカップルが、11年ぶりの共演で夫婦を演じてる「家族の終わりに」(Revolutionary Road)の予告編です。今朝の全米映画ボックスオフィスBEST10ではふれませんでしたが、この予告編がつけられている、キーラ・ナイトレイ主演の歴史ドラマザ・ダッチェス」は、たった7館の限定公開ながら、1館あたり29,000ドルも売り上げた、単館ベースでは№1のヒット作となっています。「ザ・ダッチェス」の主人公も、18世紀に不幸な結婚をした公爵夫人でしたが、時代は違えど、1950年代レオとケイト・ウィンスレットの結婚も上手くいきません…愛する人と結ばれる結婚は、裏を返せば、それぞれの自由を失う束縛にもなり得るという、永遠の葛藤のテーマを描いた監督サム・メンデスは、アカデミー賞作品賞に輝いた「アメリカン・ビューティー」(1999年)では、コミカルな要素も交えながら、家庭の崩壊を描きましたが、本作はかなりシリアスなようです。すでに本作を試写で観たハリウッドの業界関係者による“レオもケイトもオスカー・ノミネートは必至だろう”といった称賛の感想が、ネット上では紹介されています。原作は、リチャード・イエーツ同名文学で、アメリカ社会の理想の崩壊を、ひと組の夫婦に置き換え象徴した名作として、高く評価されています。タイタニック同様に沈みゆく家庭から、ふたりが救われる術はあるのでしょうか?、本作は、アメリカでは12月26日から公開です。次のレオとケイトの共演では、ハッピーエンドな映画を観たいですね…
家族の終わりに-レオナルド・ディカプリオ
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中