「ハリポタ」が敵前逃亡?のヴァンパイア映画の超話題作「トワイライト」が、イタリアでキャラクター・ポスターをリリース!!

トワイライト-クリステン・スチュワート
ハリー・ポッターと謎のプリンス」が今年11月の公開予定を、来年2009年7月に先送りしたのは、この映画に恐れをなして逃げたからだッ!!という意見まで言われるほど、海外ではカルト的な大人気のベストセラー小説トワイライト/愛した人はヴァンパイア」(ステファニー・メイヤー著)を映画化したヴァンパイア映画の最新作トワイライト」が、イタリアでリリースしたキャラクター・ポスターです。本作は、 ↑ のポスターのクリステン・スチュワートが演じる人間の少女ベラと、ロバート・パティンソンが演じるヴァンパイアの少年エドワードとの、種族を超えた“ロミオとジュリエット”のようなラブストーリーを主軸に、ヴァンパイアたちのスーパー・ナチュラルな闘いが展開するという内容で、キャム・ギガンデットが演じてるヴァンパイアのジェームスは、2人の仲を引き裂く悪者のようですね。キャム・ギガンデットは人気青春ドラマThe O.C.出身若手人気俳優ですが、この「トワイライト」の脚本を執筆したメリサ・ローゼンバーグは、「The O.C.」の製作総指揮を執っていたプロデューサーなので、彼はドラマでの実績が買われ、この話題作に抜擢されたのかもしれません。キャム・ギガンデットは本作の前に、「The O.C.ファイトクラブ」みたいな青春格闘技映画ネバー・バック・ダウン(Never Back Down)」(2008年)にも出演しており、なかなか「The O.C.絡みからは手を切れませんね。現在日本公開中の「イントゥ・ザ・ワイルド」(2007年)にも出ている主演クリステン・スチュワートは、「パニック・ルーム」(2002年)で、ジョディ・フォスターとして、一緒に立て籠もっていた人で、ロバート・パティンソンは「ハリー・ポッターシリーズの出身で、セドリック・ディゴリーを演じてた人ですが、ヴォルデモート手先に殺されたおかげで、ヴァンパイアとして復活することができました。ロバート・パティンソン的には、例え、贔屓が含まれていたとしても、脇役にしかありつけず、自分を殺したハリー・ポッター」が、自分の主演作とブツかるのを避けて逃げたと言われるのは気分がいいかもしれません。この「トワイライト」は、11月21日に全米公開本当にハリー・ポッターもビックリするような大ヒットになるのか?!見届けるのが楽しみですね。本作の予告編はコチラです。ところで、この「ヴァンパイア」と、とてもよく似た内容の、アンナ・パキン主演のヴァンパイア・ドラマトゥールーブラッド」は、アメリカでの初回放送大好評につき、早くもシーズン2の製作が決定しました。ヴァンパイア・ブームは当分止みそうにありませんね
トワイライト-ロバート・パティンソントワイライト-キャム・ギガンデット
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中