最新映画版「スタートレック」をめぐり、元祖カーク船長のウィリアム・シャトナーとJ・J・エイブラムス監督が、非論理的すぎる口ゲンカを開戦?!

http://www.movieweb.com/v/V08I167jvxyFHM
↑ の動画は、「スタートレック」ファンのトレッカーの方や、そうでなくても、洋画や海外ドラマのファンあまり観たくないものかもしれません。根強い人気の古典SFドラマスタートレック」(宇宙大作戦)のオリジナル・キャストで、エンタープライズ号の偉大な船長ジェームズ・T・カークを演じていたウィリアム・シャトナーが、最新映画版スタートレック」の監督J・J・エイブラムスに向けて、文句を言っています。ウィリアム・シャトナーが怒っているのは、今月9月8日付けで発表された amctv.com の、J・J・エイブラムス・インタビューの中での、ウィリアム・シャトナーについての発言に対してです。問題の発言を紹介する前に、前段の状況を説明しておくと、J・J・エイブラムスが現在、仕上げ作業に入っている最新映画版の「スタートレック」は概ね、各方面から好感触の前評判を得ていますが、ひとつだけ疑問視され、一部のトレッカーが納得していなかったことがあります。それは、オリジナル・キャストから、レナード・ニモイミスター・スポック起用され、出演しているのに、「スタートレック」の象徴のようなウィリアム・シャトナーは、なぜチョイ役のカメオ出演にさえ起用されなかったのか?ということです。この新作「スタートレック」の、誰もが知りたがり質問が多く寄せられていたミステリアスな点について答えたのが amctv.com でのJ・J・エイブラムスの発言であり、このように裏事情を話しています。
「実際のところ、ウィリアム・シャトナーのカーク船長の出番を脚本に書いて盛り込んでみたんだ。それは、まぁ、回想シーンみたいな形なんだけれど…正直あまりシックリこなかった。でも、それより大きな問題は、ウィリアム・シャトナーがカメオ出演を嫌がって自分に焦点が当る大きな役割でなければダメだと声高に主張したんだ。もちろん、彼はそれに値する人なんだけど…」
J・J・エイブラムスこのJ・J・エイブラムス(←写真)の言葉を真に受ければ、「スタートレックの主人公は、今なお、自分が演じるカーク船長であるべきだと、カン違いしているウィリアム・シャトナーの頑迷さが、彼をスタートレックの世界から追い出してしまうことになったような、自業自得の印象を受けます。そして、このJ・J・エイブラムスの発言が、多くの映画メディアで引用され、注目を集めたことから、ウィリアム・シャトナーは、自分が、あたかも老害のクソじじいのように、世間から誤解されることを懸念し、 ↑ の動画を、自らのサイトで公開し、反論を行ったものです。ウィリアム・シャトナーの娘のリズさんが、J・J・エイブラムスのコメントを読み上げ、それに答える形でウィアム・シャトナーが述べているのは、「J・J誰も私のところにカメオ出演の依頼になんか来ていないじゃないかッ!!」ということで、遠まわしに…と言うよりは、あからさまにJ・J・エイブラムスは嘘つきだッ!!非難しています。しかし、それに続けて、ウィリアム・シャトナーは、自分のカーク船長は「スタートレック・ジェネレーションズ」(1994年)の中で、とっくに死んでしまったのだけれど、そんなの生き返らせるのカンタンじゃないかッ!!話のポイントを切り替え、具体的な蘇生のやり方として、「スタートレック」シリーズではおなじみの転送装置の理屈を持ち出すとか、「ジュラシックパーク」シリーズのようにDNAから再生するのだとか、提案しています。ウィリアム・シャトナーは自分で執筆している「スタートレックの小説シリーズの中でも、カーク船長を蘇生させており、そんなの未来の世界ではどうでもできるんだ!!と、「スタートレック」の世界観作品の歴史を軽んじています。そして、ウィリアム・シャトナーは、「もしかすると次の映画では自分の出番もあるかもしれないなぁ」などとも言っています。そのように、手前味噌なカーク船長復活構想といった余計なことまで調子に乗りベラベラと語ってしまったウィリアム・シャトナーの、この反論会見?見聞きした人の多くは、う~んウィリアム・シャトナーの態度は間接的にJ・J・エイブラムスの言葉を証明してしまってはいないか?として、J・J・エイブラムスの言ってることの方が本当かもしれないと、むしろ、ウィリアム・シャトナー老害説に確信を抱かせる逆効果な面も指摘されています。もちろん、どちらが真実を語っているか?なんて、結局は当事者にしかわかりませんし、また、このケンカも映画の宣伝のためのヤラセではないか?といった別の見方もあります。しかし、「LOST」や「クローバーフィールド」(2008年)を大ヒットさせてきたJ・J・エイブラムスは、常々、自分の成功の秘訣を、「僕はひとりの映画ファンだから…」と述べており、映画オタクとしての自分が観たいものを作るだけとしています。そんな映画バカの立場に立てば、もし、「スタートレックを自分で監督して作れることになれば真っ先にカーク船長とミスター・スポックの出番を無理にでもひねり出してやるぞ!!と思うはずなのですが…。J・J・エイブラムスが、ウィリアム・シャトナーに出演をまるで依頼しなかったというのはちょっと信じがたい気がします。いずれにしろ、両者ともに、名作スタートレック」の歴史に泥を塗り、夢を壊すくだらないケンカはやめてほしいですね。できれば、ここは冷静なバルカン星人のスポックに登場いただき、「お互い非論理的ですね」と水を差す形でシメテほしいものです…。注目の最新映画版スタートレック」は2009年5月全米公開です。
スタートレック-ウィリアム・シャトナー
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中