キアヌ・リーヴスのSF大作「地球が静止する日」が7分間のダイジェストで起承転結の「起」を完全公開!!

http://www.traileraddict.com/emb/6441
アメリカFOXチャンネルが、現地では数時間前となる日曜日(14日)ヨルに放送したばかりの、J・J・エイブラムス(「LOST」)がプロデュースの新番組の超常現象ドラマフリンジ」のプレミア版にくっつける形で公開された、キアヌ・リーヴス主演の最新作のSF大作地球が静止する日」の7分間もある、ハッキリ言って、観せ過ぎなプロモーション・ビデオを、またまた日本最速でご覧下さい!!、この「地球が静止する日」は、SFファンの方はよくご存知の、巨匠ロバート・ワイズ監督の同名…と言いたいところが、「」と「」が違う古典SF映画地球の静止する日」(1951年)のリメイクです。ある日、突然、地球にやって来た、キアヌ・リーブスの宇宙人クラトゥの目的は何なのか?!というストーリーですが、オリジナルでは、当時の無益な人間同士の争いである東西冷戦を戒めるテーマでしたが、果たして、現代に置き換えられた、この新作では、どのようなメッセージが採用されているのか?注目されています。しかし、宇宙人をウソ発見器のようなものにかけるという発想の場面は、少し陳腐ですね。しかも、一対一の密室でなんて…。お陰で、キアヌ・リーヴスに逃げられ物語は展開をみせるようですが…ッ!!、宇宙人クラトゥとからむことになる科学者ジェニファー・コネリーと、ウィル・スミスの医療機器のセールスが行き詰まり、ホームレスになったので、養子に引き取ったジェイデン・スミスとの「幸せのちから」な母子関係が、地球の運命を握るカギになるとのことです。監督は、悪魔祓いを法廷で裁くホラー映画エミリー・ローズ」(2005年)のスコット・デリクソンです。ラストで一瞬目から光線を出してくれてるロボットのゴートの全貌を早く観たいですね。ココに、そのゴートのシルエットをフィーチャーした本作のポスターがあります。この「地球が静止する日」は、アメリカでは12月12日公開日本たった1週間遅れという、うれしい早さの19日(金)公開です。言うまでもなく、年末年始のお正月映画で最大の話題作です!!
地球の静止する日-1
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中