サミュエル・L・ジャクソンの「タイタニック」オーディションのお宝ビデオを発掘?!、4文字言葉連発でケイト・ウィンスレットがドン引き!!

http://widgets.clearspring.com/o/4824f65f50c7cc4b/48c8eae8a786c462/48c82e4176ab9e9c/2fdf696d
バットマン/ダークナイト」(絶賛公開中)が爆発的な大ヒットにより、アメリカで社会現象化の事件にまでなろうとも、今だなお、燦然と全米歴代興行記録第1位の頂点君臨し、寄せ付けない究極の大ヒット映画タイタニック」(1997年)の主人公と言えば、もちろん、レオナルド・ディカプリオジャックと、ケイト・ウィンスレットローズですが、 ↑ の動画は、ナンとレオのジャックの主役に、サミュエル・L・ジャクソン挑戦し、オーディションを受けていた!!という、驚きのお宝発掘ビデオです!!と言いたいところですが、ケイト・ウィンスレットも「タイタニックの時と比べて、何だか少し老けてるように、実はこれはヤラセの嘘ビデオです。と、ネタを明かせば、な~んだつまんないよッ!!と言われそうですが、本当に驚いてほしいのは、このビデオに出てくるサミュエル・L・ジャクソンも、ケイト・ウィンスレットも実は本人ではなくて、他の人が演じた体に、ふたりの顔をCGでフェイス・インプラントの合成をして作り出した、完全に虚構のビデオだということです。たぶん、CGなどにあまり興味のない方が、よく注意せず、ご覧になれば、コロッと騙されてしまうのではないでしょうか?!、こういったフェイス・インプラント技術は、イメージ・メトリクス社というフェイシャル・アニメーションに特化したプロダクションが進化させたもので、「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督の最新作のSF映画アヴァター(Avatar)」(2009年12月全米公開)で採用され、その驚異の映像の完成度映画業界の中で、新技術として注目を集めています。 ↑ のジョークの動画は、そのイメージ・メトリクス社の技術か?、どうかは知りませんが、 ↓ の動画は、イメージ・メトリクス社が作ったものです。同社の広報のお姉さんが、フェイシャル・アニメーションのテクノロジーについて語ってくれていますが、この彼女も現実には存在せずCGアニメで作られた顔を持つエミリーというキャラクターです。音楽の世界では、とっくに録音技術などで、下手な歌手の歌を相当にごまかしていますが、いずれは映画界でも、大根役者がこういった最新技術名優とカン違いとされ、演技賞を獲ってしまうかもしれません。そのように考えると、少し恐ろしい感じですね。メディアの中の人は、本当に本人で現実に存在するのか?!信じきれない時代が目前にまで迫って来ました…。ところで、 ↑ の動画は、コメディのショート・フィルムばかりを集めたサイト Minimovie.com が作ったものです。ちょっと笑えそうな動画探している方は、訪れてみて下さい


※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

「バットマン/ダークナイト」がアメリカで2009年1月からリバイバルの話題と、バットマンVSエイリアンVSプレデター三つ巴対決のスゴイ動画!!

ダークナイト
今週の全米映画ボックスオフィスBEST10の中でふれておいたように、やはり、アメリカアイマックス・シアター2009年1月から、「バットマン/ダークナイト」(必見公開中)がリバイバル上映されることになりそうだと、業界メディアやロイター通信などが一斉に伝え始めました。それらの記事によれば、アカデミー賞ノミネートの投票が行なわれる1月に上映し、再びダークナイトに注目してもらうことで、すでに受賞が決定視されているヒース・レジャー助演男優賞ノミネートなどをバックアップし、さらにその他の各賞ノミネートへの追い風をも吹かすことが主な狙いだと伝えられています。「バットマン/ダークナイト」は、これまで「ポーラー・エクスプレス」(2004年)が保持していた、アイマック・シアターでの興行記録4,800万ドルを抜く、5,500万ドルの新記録を樹立しており、2009年のリバイバルでもヒットが予想されますが、その直前の今年2008年12月DVD/BlueRayの米国内リリースが予定されているため、それがブレーキとなり、新たな興行の売上げを足しても、「タイタニック」(1997年)が持つ歴代興行第1位記録6億ドルを凌ぐのは困難だろうと予測されています。しかし、一般映画館でのリバイバルの可能性もあることや、「タイタニック沈没を訴える「バットマンマニアの組織的な運動が起こらないとも限らないので(インターネット・ムービー・データーベースのランキングは組織票により変動)、「バットマン/ダークナイト」が、史上最大ヒット作になる可能性はまだ否定できません。また、すでに「バットマン/ダークナイト」をご覧になった方はわかると思いますが、同映画は鑑賞すると言うよりは、「体験する映画」なので、家にDVD/BlueRayがあろうとも、ファンは必ず映画館であれ、アイマックスであれ、足を運ぶと思うのですが…。この「ダークナイトVSタイタニック」は、ちょっとした賭けのネタなんかになっていきそうですね。そんな「ダークナイト」の続編となる「バットマン3の悪役は誰か?!というウワサについて、ココでバットマンの執事アルフレッドを演じているマイケル・ケインビックリ発言を紹介しましたが、その中でペンギンを演じると言われたフィリップ・シーモア・ホフマンは、その後、コメントを発表し、そのようなオファーもないし、また、自分はバットマンシリーズに出演したいとは思わないと述べ、「バットマン3」への今後の関わりまで含めて完全否定しました。ジョニー・デップリドラーについては、すでに先の記事でも紹介したように、とっくに本人が否定していますが、ウワサの内容が変質し、ジョニー・デップはリドラーではなく、ヒース・レジャーの後を継ぎ、ジョーカーを演じることを希望しており、それに向けて調整中といった仰天記事が出たりしています。ま、ヒース・レジャーが未完のまま亡くなり、ジョニデが役を引き継いだテリー・ギリアム監督の新作パルナッサス博士の想像力」からの“想像”なんでしょうね。で、 ↓ の動画は、サンディ・カローラという人が監督して自主製作した、バットマンの悪役として、ジョーカーだけでなく、なんとッ!!エイリアンとプレデターが登場する、素人技とは思えない出来栄えの短編映画バットマン/デッドエンド」です。ヒース・レジャーには当然、及ばないものの、アンドリュー・コーニグさんという人がガンバッて演じてるジョーカー精神病院を逃げ出し、後を追って捕まえに来たバットマンの前に新たな強敵が…ッ!!という内容です。字幕はありませんが、無くても特に支障のない作品なので、ぜひご覧ください!!バットマンとプレデターの対決は一見の価値ありですよ。この「バットマン/デッドエンド」は、バットマンとスーパーマンが共演の他の短編なども収録したDVDが、ココで販売されているので、興味のある方お買い求めになられてみては?!


※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

最新作「ターミネーター4/サルべーション」の撮影に、アーノルド・シュワルツェネッガーがやって来た!!

T4-クリスチャン・ベール-アーノルド・シュワルツェネッガー-2
ターミネーターVSジョン・コナー?!、それとも、バットマンVS Mr.フリーズ?!などと言った見出しで、様々なメディアで紹介されているパパラッチ写真です。サングラスの男性は、「バットマン/ダークナイト」(公開中)を歴史的大ヒットさせ、現在は、シリーズ最新作ターミネーター4/サルべーション」を撮影中クリスチャン・ベールで、明るいミドリのポロシャツは、元祖ターミネーターアーノルド・シュワルツェネッガーですね。この写真は、こんな大スターが揃いながらも、場所ブレントウッド・カントリー・マートというスーパーマーケットの駐車場で、おいおい今日は特売日かよ?!といった感じなのですが、ゴシップ・メディアなどの調べによると、今週月曜日(8日)に、アーノルド・シュワルツェネッガーはT4のセットを訪れているとのことです。これらクリスチャン・ベールとシュワルツェネッガーが急接近のニュースに、映画サイトなどでは、やはり、「T4にシュワルツェネッガーがカメオ出演するのではないか?!といった臆測が飛び出しています。それらの中には、新ターミネーターに起用されたローランド・キッキンジャーは、そのムキムキの肉体だけを使われ、は、ジェームズ・キャメロン監督が新作のSF映画アヴァター(Avatar)」(2009年12月全米公開)で採用しているCGのフェイス・インプラント技術により、シュワルツェネッガーの顔面に置き換えられるのではないか?!といった大胆な予想まで飛び出しています(キッキンジャーはT-600で、シュワルツェネッガーはT-800。ターミネーターの機種?が違う)。アーノルド・シュワルツェネッガーは、この最新作T4」について、予告編写真を観た感想として、「ターミネーターらしくないね…と、あまり気に入っていないようですが、スターダムへのキッカケとなった愛着のある作品だけに、できることがあれば協力するとも言っています。しかしながら、「T4」のプロデューサーモーリッツ・ボーマンは、メディアインタビューに答え、「シュワは公人(カリフォルニア州知事)だから映画に本人が出てくるのはマズイな…でも声だけだったらかまわないだろう」と話しているので、仮りにアーノルド・シュワルツェネッガーがT4に参加するとしても、どこかで声だけと思っておくのが、とりあえず妥当ではないでしょうか?!、しかし、ターミネーターってほとんど話さないですよね…ッ?!、まぁ、最新作ターミネーター4/サルべーション」は、2009年6月日本公開(アメリカは5月)なので、これからまだまだ、いろんなウワサが出てくると思います。アレコレ推測して、楽しませてもらいましょう!! ↓ はスーパーマーケット会談の動画です。シュワルツェネッガーいかにもカリフォルニアなオープンカーで走り去っていきます!!


※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

ジョニー・デップがペットの冒険アニメ「ランゴ」に主演!!、声優だけじゃなく、キャラの動物を全身で演じるみたいです!!

ゴア・ヴァービンスキー-ジョニー・デップ
ジョニー・デップが、大ヒットした「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズでチームを組んでいたゴア・ヴァービンスキー監督(写真)と再びタッグを組み、アニメ映画を一緒に作ることが決定したそうです。パラマウント映画が製作する同CGアニメ映画ランゴ」(Rango)は、ゴア・ヴァービンスキー監督のアイディアを、過去に同監督と「タイムマシン」(2002年)でコンビを組み、現在は別にゲームの映画化バイオショック」の企画も一緒に進めているジョン・ローガン脚本を書き上げる作品です。ジョン・ローガンは、ジョニデの「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007年)のシナリオも書いているので、三者のコンビネーションは良さそうですね。物語は、ペットの動物が冒険に出かけて、本来の自分を取り戻すとしか紹介されておらず、何の動物が主人公かはわかりません。しかし、ゴア・ヴァービンスキー監督は、幅広い観客層を対象として、子ども心に訴えかけた作品と述べているので、ダークな映画や、ひねった物語ではなく、ストレートなファミリー・ピクチャーのようです。ゴア・ヴァービンスキー監督的には、なかなか前進しないバイオショック」の片手間に、実験的に軽く一本やっとくか?!という感じかもしれません。実験的というのは、このCGアニメの実際の製作を手がけるのが、ジョージ・ルーカスILM(インダストリアル・ライト&マジック)で、ゴア・ヴァービンスキー監督は、同社の最新技術を使い、「ジョニー・デップのパフォーマンスを余すところなくキャプチャーしCGのキャラクターに置き換える」と、「ランゴの特徴を語っているからです。そのため、アニメ映画ですが、ジョニー・デップは声優だけでなく、カメラの前で演技をすることになるようで、撮影は来年2009年1月からスタートと発表されています。ゴア・ヴァービンスキー監督とILMは、ビル・ナイ演技をCG加工し、イカ?、それともタコ?みたいなニュルニュルと気持ちの悪いキャラクターデイヴィ・ジョーンズを、「パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズで作り出しているので、恐らく、「ランゴ」はその技術の延長線上に位置づけられるようなアニメで、「バイオショックへの助走?ではないか?と見られています。何か、新しくておもしろい試みが無ければ、ジョニデが単に流行に乗りアニメを演るとは思わないので、そういった新しいアニメのスタイルが「ランゴ」では観られるのかもしれません。なお、ゴア・ヴァービンスキー監督のデビュー作は、1997年製作ネズミと人間との対決を描いたコメディ映画マウスハント」。動物が主人公というのは、初心に経ち帰り、原点に戻る感じですね。パラマウント映画は「ランゴ」を2011年3月全米公開の予定。てことは、「バイオショックは更にその先ということか…?!
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。