あの名作ミュージカル「死霊のはらわた」の興奮と感動と死者が映画館で蘇るッ!!、2009年春、完全映画化スタートです?!

ミュージカル-死霊のはらわた
へアスプレイ-ゾンビ-死霊のはらわた今年5月ココミュージカルらしい素敵なゾンビたちのポスター動画を紹介した、カナダでロングランミュージカル舞台死霊のはらわた/ザ・ミュージカル」が、先週末6日(土)で残念ながら、終演を迎えたそうなのですが、代わりに映画化の可能性が浮上という、うれしすぎるニュースが、SCREENDAILY.COM から伝えられました。同サイトによると、映画化を企画してるのは、映画プロデューサードン・カーモディで、現在、ミュージカルの原作であるオリジナルのホラー映画死霊のはらわた」(1981年)の監督で、プロデューサーサム・ライミ交渉中だそうです。と言っても、ドン・カーモディは、映画版死霊のはらわた/ザ・ミュージカル」の監督には、舞台の演出家クリストファー・ボンドと、振付師ヒントン・バトルタッグをそのまま起用したいようなので、サム・ライミ監督と交渉してるのは、映画化権など権利関係の調整のようです。ドン・カーモディは、早ければ、来年2009年の春頃には、カナダで同映画の撮影をスタートしたいとしているので、運がよければ、同年末か、2010年には「死霊のはらわた/ザ・ミュージカル」が映画館で観られるのではないでしょうか?!、「死霊のはらわたシリーズについては、映画の新作も、主人公アッシュを演じたカルト俳優ブルース・キャンベルの呼びかけで企画が進行しているようですし、ちょっとした「死霊のはらわた復活祭の様相を呈してきそうですね。ちなみにドン・カーモディは、ミュージカル映画史上全米第2位大ヒット作シカゴ」(2002年/興収1億7,068万ドル)のプロデューサーなので、ミュージカル映画は俺にまかせろッ!!という感じですが、さらに彼は、「バイオハザード2/アポカリプス」(2004年)のプロデューサーでもあるので、ゾンビも俺にまかせんかいッ!!となり、ドン・カーモディほど、「死霊のはらわた/ザ・ミュージカルにふさわしいプロデューサーはいないんですね!!、この映画化かなりアテにしてよさそうですよ!!
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中