Youtubeで大ヒットのライオンと人間の絆の感動実話「クリスチャン・ザ・ライオン」をソニー・ピクチャーズが映画化!!


クリスチャン・ザ・ライオン-ポスター ↑ の感動的な動画Youtubeで爆発的なヒット数を稼いでいるので、ご存知の方も多い「クリスチャン・ザ・ライオン」の実話を、ソニー・ピクチャーズが映画化を企画しているそうです。「クリスチャン・ザ・ライオン」の実話は、1969年ロンドンで暮らすオーストラリア人のジョン・レンダルエース・バーク親友同士が、有名なデパートのハロッズで、さびしそうだった子ライオンを購入してしまい、クリスチャンと名づけ、それぞれのガールフレンドと一緒に4人で飼育していましたが、グングンと成長するライオンロンドンで飼い続けるのは無理と判断し、クリスチャンをアフリカの野生に戻す訓練を重ね、サバンナに帰してあげたという出来事です。それだけでも感動的ですが、の動画で紹介されてるのは、クリスチャンのことが心配なジョンとエースの2人が1年後に、クリスチャンに逢いにアフリカに出かけたら、なんと野性に戻ったクリスチャンが2人のことを覚えていて昔のように抱きついてなついてくれたばかりか、嫁さんまで紹介してくれてる、奇跡の再会場面です。この、今あらためて、多くの人から熱い涙をしぼり取っているクリスチャン・ザ・ライオン」の実話は、すでに1971年左上のポスタードキュメンタリー映画クリスチャン/ザ・ライオン・アット・ワールズ・エンド」(The Lion at World’s End)が作られており、動画サイトなどにあげられているのは、そのドキュメンタリー映画からの場面です。この「クリスチャン・ザ・ライオン」の人気に目をつけたソニー・ピクチャーズは、ジョンとエースが著わした、1972年出版の「ア・ライオン・コールド・クリスチャン(A Lion Called Christian)」(クリスチャンと呼ばれたライオン)という本をベースに映画化を検討しているようで、現在、映画化権の取得を進めているらしいので、実際にプロジェクトとして動き出すのは、数年先のことになるかもしれません。この企画を進めているソニー・ピクチャーズのプロデューサーマット・トルマッチ氏は、彼のおじいさん、故サム・ジャフェ氏が、すでに皆さん、うっすらと連想しているはずの、人とライオンの絆を描いた名作野生のエルザ」(1966年)のプロデューサーなので、俄然、この「クリスチャン・ザ・ライオン」の映画化には熱を入れているとのことで、よい映画が期待できるのではないでしょうか。ちなみに、ジョンとエースの2人に、クリスチャンをアフリカに帰すことを提案し、サポートしてあげたのは、その「野生のエルザ」で主人公のジョイジョージアダムソン夫妻を演じた、私生活でも夫婦ビル・トラバースヴァージニア・マッケンナ、それに本物のアダムソン夫妻らです。そういったユニークなエピソードを知ると、さらにこの「クリスチャン・ザ・ライオン」の映画化が楽しみになりますが、アダムソン夫妻と、そのアダムソン夫妻を演じる俳優夫婦、それぞれのカップルは、現代の俳優夫婦に演じてほしいですね。みなさんは、どの俳優夫婦を起用したいでしょう?!ジョシュ・ブローリンダイアン・レイン夫婦なんて、いかがですか?!
クリスチャン・ザ・ライオン
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中