マット・デイモンが猟奇的連続殺人鬼を追う実話の映画化「トルソー」で、「アンタッチャブル」のエリオット・ネス役に挑戦?!

マット・デイモン-グッド・シェパード
最近、ジミー大西に似てると、あまり言われなくなり、やっと、日本人もオレの魅力に気づいたか!!とか思っていたら、おもしろそうなマット・デイモンが、デヴィッド・フィンチャー監督の最新作トルソー」で、「アンタッチャブル」で有名なエリオット・ネス捜査官(↓写真)を演じ、主演すると、まだ、どの映画メディアも伝えていない情報を、同映画の撮影が予定されているクリーブランドローカルニュース・メディア CLEVELAND.COMサラッと紹介してしまいました。映画の専門メディアではないローカルニュースなので、このマット・デイモン主演の情報は信憑性に欠けるのでは?!と思われそうですが、その記事自体の内容が、クリーブランドのあるオハイオ州が、映画製作に対する税の控除など経済的優遇措置を怠っているために、同映画の撮影が隣りのミシガン州に奪われるかもしれないとし、ハリウッド映画の撮影招致による地元への経済効果を見直すべきでは?!という主旨のものであることから、記者は、映画撮影のコーディネートを行なう地元のフィルム・コミッションが持っているはずの「トルソー撮影に関する詳細な資料に基づき、主演をマット・デイモンと書いたか?、同映画のプロデューサービル・メカニックに取材をしているので、直接に聞いたのかもしれません。となれば、意外にこの、マット・デイモン主演というのはスッパ抜きスクープになるのですが…。後日、映画を製作するパラマウントがどういう発表をするか?!期待して待ちましょう!!
トルソー・マーダー-エリオット・ネス
さて、肝心の映画トルソー」の内容ですが、本作は、デヴィッド・フィンチャー監督が「ゾディアック」(2007年)に続き(ココにゾディアックの息子?の記事)、実際の連続殺人鬼の謎を追うもので、同事件を元にした同名の実録コミック原作としています。「トルソー」と言えば、ブティックなどに置いてある胴体だけのマネキンや、やはり、胴体だけの彫刻を連想されるかもしれませんが、この映画で描かれる実在した連続殺人鬼は、殺害した計13人の被害者バラバラにし、胴体だけを残して、残りの頭や手足など、体の部分は持ち去る(↑写真は第1被害者)という猟奇的な手口から、“トルソー・マーダー”と呼ばれた猟奇的な異常者です。別名として、“キングズベリー・ランの屠殺者”という呼び方もあるのですが、映画では原作に添い、“トルソー・マーダー”とシンプルに呼んでいるようです。この事件が発生したのは、1935年から1938年にかけての期間とされており(もっと後まで殺害は続いたとの説もあり)、折りしも、シカゴギャング・スターアル・カポネ逮捕に成功した“アンタッチャブル”のエリオット・ネス捜査官が、当地クリーブランドに赴任したのと重なり、あの有名なエリオット・ネスが捜査している怪奇事件として、全米から大きな注目を集めることになりました。しかし、DNA鑑定など無い当時の捜査手法では、指紋歯形も調べられない胴体だけでは、被害者の特定すら難しく、さしものエリオット・ネスも、異常なシリアル・キラーの冷静なズル賢さにお手上げとなり、事件は迷宮入りしてしまいます。この不気味な事件を、「ゾディアック」だけでなく「セブン」(1995年)でも、恐ろしすぎる猟奇的連続殺人をテーマにしていたデヴィッド・フィンチャーがどう描くのか?!、また、ブライアン・デ・パルマ監督の1987年の映画「アンタッチャブル」の大成功により、エリオット・ネスと言えば、この人、となっているケヴィン・コスナーのお株を奪う、見事なエリオット・ネスぶりの演技を、マット・デイモンが披露するのか?!(本当に主演なら)、非常に完成が楽しみな映画ですね。ただ、ひとつ気になる点は、「ゾディアック」の2時間38分の上映時間は少し長すぎると感じた方もいるかもしれませんが、デヴィッド・フィンチャー監督は、「トルソー」と同じパラマウント映画(ワーナー・ブラザース共同製作)で製作中の、ブラッド・ピット老人として生まれ赤ん坊へと成長していく、人生が逆回転の主人公を演じている完成間近の最新作ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(2009年春日本公開)の上映時間をめぐって、映画会社と大ゲンカしていることが確認されており、そういったトラブルの亀裂が、この「トルソーにまで及ばなければいいのですが…。ちなみに、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、先頃、閉幕したアメリカ・コロラド州のテリュライド映画祭20分間のプロモーション映像が上映されましたが、その結果は、20分でも長いよ…と不評だったようです。映画本編のテスト試写の結果では、全体で今のところ、3時間近くあると言われる映画の途中1時間45分ぐらいで観客は飽き始めてしまった…という情報が、ネットでは踊っています。デヴィッド・フィンチャー監督は、ここは素直にハサミを入れた方がいいのかもしれませんね。「トルソー」の主演が、本当にマット・デイモンか?どうか?!確認がとれたら、またお知らせします!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中