パンダの次はタコのヒーロー?!、ドリームワークスのタコの恋人たちの短編アドベンチャー・アニメ「オクタポディ」をご覧下さい!!

このアメリカ映画界アニメ対決で、ディズニー・ピクサーの「WALL・E / ウォーリー」(日本12月公開/興収2億1,834万ドル)の前に惨敗すると予想されていた「カンフー・パンダ」(公開中/興収2億1,295万ドル)が、ほぼ互角の闘いをみせ、ついにピクサーを追い抜いたか?!と言われたドリームワークスアニメ・スタッフジュリアン・ボカベイル(Julien Bocabeille)さんが作った、シーフード・レストランの仕入れの兄ちゃんに仲を引き裂かれようとしてるタコの恋人たちのドタバタを描いた短編アニメです。ピクサーは、こうした意欲的な新人の短編アニメを長編映画の冒頭につけて、映画館でも上映していますし、ココのサイトでも公開していますが、ドリームワークスのスタッフによる短編アニメは、あまり観たことがなかったので、紹介しておきました。この「オクタポディ」(Oktapodi=タコ足みたいな意味)と名づけられた短編アニメは、出来栄えとして、ピクサーの短編作品に、まるでひけを取っていませんし、アニメらしい視覚的な表現だけで、ストーリーを語ろうとしています。ピクサーはそんな、眼で楽しむアニメらしさへ回帰しようと考えているのか、「WALL・E / ウォーリー」では、有名なスターを声優に起用する話題作りをやめたどころか、セリフをできるだけ無くそうという試みに挑みました。それに対し、「カンフー・パンダ」は、ジャック・ブラックや、ジャッキー・チェンアンジェリーナ・ジョリーといった大スターのボイス・キャストで声優をかためて勝負し、見事に競り合いました。アニメと声優とのコンビネーションは、作品次第で何とも言えませんが、こうした才能も抱えているドリームワークスは、少し声優に頼りすぎな感のあるアニメ作りを見直してみてもいいかもしれません

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中