デヴィッド・フィンチャー監督もビックリ!!、連続殺人鬼「ゾディアック」は、ボクのお義父さん!!と、凶器持参で息子がFBIに出頭!!

ゾディアック
本日9月1日は、今朝の全米映画ボックスオフィスBEST10の中でもふれたように、アメリカのメーデーレイバーデイのお休みということで、映画ニュースがほとんど無いので、代わりに、気になっていた映画に関連しなくもないトピック?!を、お届けしたいと思います。それは、昨2007年デヴィッド・フィンチャー監督が、ジェイク・ギレンホールロバート・ダウニー・Jrマーク・ラファロらを主演に発表した、60年代末から70年代半ばにかけて、実際に起きた未解決連続殺人事件と、その犯人の殺人鬼を追う新聞記者と刑事らの執念の捜査を描いた2時間38分大作ゾディアック」(↑写真)の真犯人の素性がわかったかもしれない!!という、本当なら、一大スクープのニュースです!!、不気味な暗号の手紙(↓写真)で犯行声明を出すなどしたことから、劇場型犯罪の元祖の愉快犯と言われたりもする連続殺人鬼ゾディアックの素性が知れたかも?!というニュースは、先月8月28日CBSが報じたもので、カリフォルニア州サクラメント近郊のポロックパインズ在住デニス・カウフマンという男性が、2006年に亡くなった自分の義理の父親ジャック・タランスゾディアック-証拠-1が、どうもゾディアック・キラーらしいと、FBIに物的証拠を持参し、名乗り出たと伝えました。このデニス・カウフマンという男性は、5歳の時に、タランス家に養子にもらわれたそうで、家族と血縁関係はないようですが、デニスさんが、義父のジャック氏をゾディアックと結論づけるに至った理由というのが、まず公開されている ↑ ゾディアックの似顔絵と、義父の顔が酷似してること。それに義父のジャック氏の筆跡が素人眼にも、明らかにゾディアックと同一であること ↓ 。ゾディアック-証拠-2
なんてぐらいなら、妄想だよ~一笑にふされそうですが、驚くべきことに、デニスさんは、血痕のついた凶器のナイフ ↓ と、殺害された被害者を撮影した未現像フィルム数本 ↓ を、FBIに提出しています!!、未現像フィルム被害者が写ってるとしてるのは、デニスさんが自分で、その謎のフィルムの一部を現像したところ、恐ろしすぎる光景を発見した!!と述べているからです。
ゾディアック-証拠-3ゾディアック-証拠-4
デニスさんはさらに、義父のジャック氏がゾディアックと同じようなフード付きの衣類を持っていたことや、ゾディアックの犯行とはされていない複数の殺人事件についても、義父=ゾディアックが行なったと示唆し、その被害者の中には、デニスさんの実の母親も含まれている可能性があるとしています。デニスさんは、義父のジャック氏が、自分がゾディアックだと間接的な表現で暗に認めた電話の会話テープもあると述べており、これらの証拠を見つけ出し、集めて、確信にいたるまでに約8年間もかかったそうです。デニスさんは、自分のような無名の者が、証拠を元に、「ボクのお義父さんはゾディアック!!」みたいなを書いたところで、誰も信用せず妄想と笑われ、相手にしてもらえないことは明白なので、FBIでキチンと調査・鑑定してもらうのが一番と考え、名乗り出たとゾディアック-証拠-5
言っているので、義父がゾディアックであることについてかなり自信があるようです。FBIでは、デニスさんの持ち込んだ証拠の鑑定作業を進めており、ゾディアックの残した証拠から採取したDNAと、ジャック・タランス氏 → のDNAとの照合結果を待っているとのことです。ゾディアックが1974年に闇に消えて以来、すでに34年が経過した訳ですが、果たして、真犯人確定で、事件は解決となるのでしょうか?!、いずれにしろ、デニスさんの話や証拠が本物なら、義父のジャック氏がゾディアックではなかったとしても、別の連続殺人鬼だったことは間違いなさそうです…
ゾディアック-レター-1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中