「Xファイル」のデヴィッド・ドゥカヴニーが求めた真実は変態モルダーの「SEXファイル」?!

X-ファイル
原作者監督で、クソ野朗クリス・カーターが、「俺さまの映画はそこいらの映画サイトや素人のブログなんかでは取り上げてほしくないんだよね」とおっしゃったので、このブログではまるで無視させてもらった「X-ファイル/真実を求めて」(日本11月7日公開)で、6年ぶり変人のモルダー捜査官に復帰したデヴィッド・ドゥカヴニーが、SEX依存症を治療するために、リハビリ施設に入所したことを、彼の弁護士スタントンラリーステインが、ゴシップ誌ピープルに明かしました。デヴィッド・ドゥカヴニーは、過去のインタビューで「ホテルでエロビデオ観だしたらやめられへんわ!!」と告白するなど、とかくエロ話が好きだったことから、もしかしてSEX中毒?!ウワサされていたのですが、本人はそれをずっと否定していました。しかし、今回の発表で、本人自らがSEX中毒疑惑を認めた形となり、先の弁護士ラリーを通じ、この件で、妻の女優ティア・レオーニ(「スパングリッシュ」2004年)と、9歳の娘と6歳の息子らのプライバシーを侵害するようなことはやめてほしいと、マスコミに向けて、メッセージを発しています。なので、デヴィッド・ドゥカヴニーのSEX依存症が、どういう症状なのか?!といった気になる点は、今後も伝えられないかと思います。まぁ、エロビデオ観まくるぐらいなら、そんなに異常でもないと思うのですが、やはり、SEX依存症だったマイケル・ダグラスのように、相手かまわず、路上の娼婦と手当たり次第順番にヤッていくとかいった豪快なこともしていたんでしょうか?!、デヴィッド・ドゥカヴニーは、日本では、ほとんど「X-ファイル」シリーズでしか知られていないスターですが、アメリカでは、9月からシーズン2が始まるテレビドラマカリフォルニケーション」で演じてる主人公の作家ハンク・ムーディ役で人気を盛り返しつつあり、そのハンクの役の設定が女好きなことから、ドラマのまんまやんけ?!といった意見や、もしや捨て身の宣伝?!といった、うがった冗談半分の見方もあるようです。いったい、スカリージリアン・アンダーソンは無事だったのか?!が気になるところですが、クリス・カーターの「X-ファイルマニアを軽視した、ぞんざいな態度に、筆者も含めてファンも激減し、その結果、映画も思いっきりコケたので(※)、もう「X-ファイルは封印した方がいいのでは?!デヴィッド・ドゥカヴニーは、またモルダーを演じたいと言っていましたが、次は、変人ならぬ変態モルダーの「SEX-ファイルとおちょくられちゃいますよ!!
(※製作費3,000万ドルに対し、国内興収は2,074万ドル。全世界の売上げを足しても、今だ製作費の数字に届いていない。収支の帳尻合わせは日本次第?!)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中