オスカー大本命?!、スパイク・リー監督の戦争映画「セント・アンナの奇跡」が写真を大公開!!

スパイク・リー-セント・アンナの奇跡-1
非常に映画らしい雰囲気の映画…と、曖昧な書き方で申し訳ありませんが、そういうガッチリとした手応えの素晴らしい予告編(ココ)を公開し、期待を集めているスパイク・リー監督の最新作の戦争映画セント・アンナの奇跡(Miracle at St. Anna)」(邦題は勝手につけてますが、これでいいのでは?!)が、9月26日アメリカ封切りを前に、写真をリリースしたので、ご覧下さい。本作の物語の発端1983年年老いた黒人銀行員のへクターが、突然、理由もなく目前の客を銃殺し、彼を捕まえた警察は、へクターの自宅から、時価500ン万ドル(5億ン千万円)もするイタリア史跡の美術品を発見。なぜ、へクターはそのような高価な美術品をただ隠し持っていて客を殺さねばならなかったのか?!第二次大戦中にさかのぼり、黒人部隊に所属したへクターと、3人の仲間とのイタリアでの忘れられない体験セント・アンナの大虐殺へとつながっていく…といった、感動を呼ぶ内容のようです。メインの主人公となるヘクターを演じてるのは、「ストンプ・ザ・ヤード」(2006年)のラズ・アロンソ、あとの3人の仲間の黒人兵士は、「輝く夜明けに向かって」(2006年)のデレク・ルーク、「ワイルド・スピードX2」(2003年)のマイケル・イーリー、「悲しみが乾くまで」(2008年)のオマー・ベンソン・ミラーです。それぞれの俳優にとっては、ステップ・アップの大きなチャンスとなる本作で、次回のアカデミー賞にノミネートされる者も出てくるかもしれませんね。監督のスパイク・リーも、この映画で、ついにアカデミー賞監督賞にからむのでは?!と目されています。日本では、そういった賞レースの結果を受けてからの公開となるでしょうか?!、原作ジェームス・マクブライド同名小説で、作家自らが映画の脚本もしたためました。ココに美しいポスターがあるので、ご覧下さい。続きを読むの後にも、本作の写真を3枚、あげています。
スパイク・リー-セント・アンナの奇跡-2
スパイク・リー-セント・アンナの奇跡-3
スパイク・リー-セント・アンナの奇跡-4
スパイク・リー-セント・アンナの奇跡-5
↑ スパイク・リー監督と、ジョセフ・ゴードン=レヴィットジョン・タトゥーロ
  新旧ふたりのカルト演技の役者の顔合わせも見ものです!!
セント・アンナの奇跡の写真の続きはこちら →


スパイク・リー-セント・アンナの奇跡-6
スパイク・リー-セント・アンナの奇跡-7
スパイク・リー-セント・アンナの奇跡-8

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中