「アイアンマン」のDVD特典映像から、プリビズと完成した映画との比較動画をご覧下さい!!

http://www.joblo.com/video/player/mediaplayer.swf
いよいよ続編の製作準備もスタートした(ココ)、ロバート・ダウニー・Jr主演の大ヒット作アイアンマン」の、アメリカ9月30日にリリースされるDVD特典映像の第2弾として(第1弾はココ)、プリビズ完成版の映画とを上下に並べて比較した動画をご覧下さい。プリビズ(PreViz)とは、ふだん聞きなれない言葉で、ご存知ない方もいるかもしれませんが、実際の映画撮影に入る前に、想定している場面CGで “事前可視化”=Pre-Visualization してみることです。言わば、動く絵コンテ?!みたいなものですが、 ↑ 上の動画でご覧のような、カンタンなCGアニメを作ることで、出来るだけ無駄のない撮影を現場で行い、失敗を防ごうということですね。特にお金をかける大作映画や、本作のようなSFXを多用するヒーロー・アクションものでは、このプリビズが重要になることは容易に想像できると思います。かつて、フランシス・フォード・コッポラ監督は、「ワン・フロム・ザ・ハート」(1982年)の撮影に入る前に、映画製作の革新的合理化を目指すとして、同映画の全編を白黒アニメで事前に丸ごと作ってしまい、当時は当然、手描きアニメですから、それで赤字を出し、何の合理化にもなっていませんでしたが、このプリビズの発想の原点は、もしかしたら、そこら辺りかもしれません。そういった試行錯誤の進歩から現代の用意周到な映画製作システムに発展し、作品の完成度も高められ、「アイアンマンのように優れた映画を楽しませてもらえる訳ですが、その反面、コッポラ監督が合理化を提唱した同年に、スティーヴン・スピルバーグ監督は、あの名作E.T.」(1982年)の撮影中に、この映画はで撮ろう!!と思い直し、せっかく用意した絵コンテを途中で全部投げ出してしまい現場のフィーリングや直感を大事に、“個人映画”として作り上げています。そういったことはプリビズの時代では、もはや許されないような感があり、さびしい風にも思えます。しかし、世界中の人が涙した「E.T.」は、そのように即興で作ったことで、映像のつながりにギクシャクした部分が生まれ、そのヘタウマ感が暖かみとなり、感動の源になったとする分析も言われています。まさに映画は芸術であり、同時に商品でもあるという、微妙な境い目について、考えさせられますね。ちなみに、この「アイアンマン」のプリビズを作ったのは、ハリウッドを代表するプリビズ・プロダクションピクセル・リべレイション・フロント(Pixel Liberation Front)という会社。CGの勉強をしておられる方など、同社の仕事に興味のある方は、ココの同社サイトをお訪ねください。「アイアンマン」は1ヶ月後の9月27日日本公開ですよ!!
アイアンマン

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中