眠らずとも夢見ることはやめない街ニューヨークを描くオムニバス映画「ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー」が予告編を初公開!!

http://services.brightcove.com/services/viewer/federated_f8/1214128517
総勢22人もの監督パリをテーマにした短編を持ち寄ったオムニバス映画パリ、ジュテーム」(2006年/映画で紹介されてるのは18本)の好評を受け、同じプロデューサー・チームが、舞台をニューヨークに移し、眠らない街ニューヨークの覚めない夢をテーマにした第2弾のオムニバス映画ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー」が、9月4日から開催のカナダのトロント国際映画祭での初公開にそなえ、予告編をリリースしたので、ご覧下さい。本作には18人の監督が参加しており、中国から「北京の自転車」の王小帥(ワン・シャオシュアイ)監督、韓国から「親切なクムジャさん」(2005年)のパク・チャヌク監督、そして日本からは「Love Letter」(1995年)の岩井俊二監督といったアジア勢に加え、インドからはミーラー・ナーイル監督(「その名にちなんで」2006年)も参加など、ニューヨークらしい国際的な顔ぶれがそろったほか、女優ナタリー・ポートマン(↓監督中の様子)、スカーレット・ヨハンソン本作で監督デビューしてるのも話題になっています。特にニューヨークと言えば、この人と言われる代名詞のはずのウディ・アレンが、1989年の同様にニューヨークをテーマにしたオムニバス映画ニューヨーク・ストーリー」には参加しながら、本作には加わらなかったことで、ウディ・アレン映画のミューズとして知られるスカーレット・ヨハンソンはウディ・アレンのピンチヒッター監督として注目を集めています。出演者は、これはもう書ききれないのですが、シャイア・ラブーフブレイク・ライヴリー(「旅するジーンズと19歳の旅立ち」)、レイチェル・ビルソン(「The O.C.」のサマー)といったフレッシュなスターから、オーランド・ブルームクリスティーナ・リッチといった中堅どころに、ケヴィン・ベーコンジョン・ハートジュリー・クリスティといったベテラン勢までと、多彩なスターが出そろっています。全体の上映時間は約110分で、一話あたり大体5分間の短編映画に仕上がっているようです。アメリカでの公開は、2009年2月中旬のたぶんバレンタイン・デーあたり。日本での公開がかなり楽しみな本作ですが、前作「パリ、ジュテーム」もそうだったように、DVDで好きな順番で観たり毎日少しずつ観て楽しむとかの方がおもしろいかもしれません。ところで次はどこの街に行く予定?!
ナタリー・ポートマン-ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中