あの全米№1アイドル、コーラ・コールマンが主演の最新ホラー「ホーンティング・オブ・モリー・ハートリー」の予告編!!

http://www.traileraddict.com/emb/5934
ホーンティング・オブ・モリー・ハートリー-ポスター全米№1アイドルコーラ・コールマンて誰やねん?!と言われそうですが、コーラ・コールマンは、ドリュー・バリモアヒュー・グラントが共演した「ラブソングができるまで」(2007年)の中に出てくる架空のスーパー・アイドル。そのコーラ・コールマンが元アイドルの中年オヤジ、ヒュー・グラントに新曲を依頼し、作詞の才能のないヒュー・グラントが、たまたま出会った、文才のあるユニークな女性ドリュー・バリモアとコンビを組んだことから、恋が芽生える…というラブコメ映画でした。と、そんな映画の本筋はそっちのけで、明らかにブリトニー・スピアーズパロディである、ちょっとおバカなアイドルコーラ・コールマンのかわいさにひと目惚れして、彼女ばかりを観てた人もきっといるはず。今回、紹介する最新ホラーホーンティング・オブ・モリー・ハートリー」は、そのコーラ・コールマン役でラッキーなデビューを飾った新人女優ヘイリー・ベネット初主演作です。本作で、ヘイリー・ベネットが演じてるモリー・ハートリーは、アタマのおかしくなった母親に殺されかけたという心の傷を負った17歳の女子高生。転校し、心機一転、生れ変ろうとするモリーですが、母親の幻影は亡霊のようにしつこく彼女にまとわり憑きます。が、やがて、モリーは母が自分を殺そうとした真の目的が、彼女に18歳の誕生日を迎えさせないことだったと気づき、自分に隠された恐ろしい秘密を知る…といった内容です。監督ミッキー・リデルは、ベテランのテレビドラマ・プロデューサーで、「エバーウッド 遥かなるコロラド」では、父と息子の絆を描いていた人。それが映画監督デビューの本作では、母と娘の呪われた関係という正反対のテーマを取り上げたところがおもしろいですね。さて、かわいい20歳のヘイリー・ベネットは、現実でもコーラ・コールマンになるべく、今年6月から、いよいよ歌手としてのライヴ活動をスタートしました!!、デビュー・アルバムも準備中です。いずれはホントにトップ・アイドルとして、ツアーで来日してくれるかもしれませんが、その前に、この「ホーンティング・オブ・モリー・ハートリー」の日本公開もお願いしたいです。ま、たぶん、DVDスルーになるでしょうが…。本作はアメリカでは10月31日のハロウィン公開で、1週早く24日に封切る「SAW5」を追撃する予定です。ガンバレ!!コーラ・コールマン!!
ホーンティング・オブ・モリー・ハートリー-1
ホーンティング・オブ・モリー・ハートリー-2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中