アル・パチーノとデ・ニーロが引退前の大仕事?!、2人が刑事の最新スリラー「ライチャス・キル」のヤバい予告編!!

http://www.traileraddict.com/emb/6041
ロバート・デ・ニーロアル・パチーノが、1995年マイケル・マン監督のハードボイルドな犯罪映画ヒート」以来の共演を果した、最新作のスリラー映画ライチャス・キル」が、アメリカでの公開日9月12日が近づき、3分21秒もあるR指定の予告編を公開しました。これまでに紹介した、ココココの予告編では、少しパッとしなかった本作ですが、さすがに尺が長いと内容がよくわかるせいか、映画の魅力が初めてシッカリと伝わり、前評判を見直すことになりそうです。「ライチャス・キル」で、ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノが演じてるのは、ニューヨーク市警に勤続30年以上のベテランの刑事コンビ無法者を射殺する連続殺人事件が発生し、彼らが担当の過去の事件との関連が見つかったことから、引退目前にも関わらず、難事件の捜査を託されますが、闇の処刑人が被害者に怪しまれず至近距離に近づいてたことから、犯人は警察の者ではないかと推理します…。という予告編の最後に、デ・ニーロが思わせぶりに「警察バッジに従わない奴も銃には逆らえない…」みたいなことを言ってのけるので、う~んもしかして…と結末が気になる仕組みです。しかし、この予告編だけでも、ふたりの大御所俳優の存在感は、やっぱり圧倒的ですね。ナンだカンだ言っても、2人の“ゴッドファーザー”の共演は見逃せそうにありません。監督は、アル・パチーノの前作「88ミニッツ」(2006年)も手がけたジョン・アブネット脚本は「インサイド・マン」(2006年)のラッセル・ゲワーツです。
ライチャス・キル-ロバート・デ・ニーロ-アル・パチーノ-2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中