残念!!、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が来夏に公開延期!!

ハリー・ポッターと謎のプリンス-6
ハリー・ポッター」シリーズの映画を製作しているワーナー・ブラザースが、海外で今年11月21日に公開予定だった最新作ハリー・ポッターと謎のプリンス」を、来年2009年7月17日公開に延期すると発表しました!!、ワーナー・ブラザースは、この延期について、その理由を、同社のCOOアラン・ホーン氏が「家族向けのファミリー・ピクチャーである同映画は秋公開よりも夏休み公開の方がよりふさわしいであるに加え昨年末から今年にかけて行なわれた脚本家組合のストライキによる公開カレンダーの狂いを調整した」と説明しています。しかしながら、「ハリー・ポッター」シリーズは、夏に公開した「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(2004年)、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(2007年)よりも、秋に公開した残りの3作品の方が高い興行成績のデーターを残しており、平均して秋の方が世界市場で約5,000万ドル(約54億円)も多く稼いでいます。それはライバルとなる話題作や大作が少ない秋の方が集中して観客を取りこめるからであり、ワーナー・ブラザースの説明する“家族向け映画は夏休み”という理屈も理解できますが、ビジネスとしては微妙な判断となりそうです。ま、本音のところは、今年はバットマン最新作ダークナイト」(大ヒット公開中)で散々、儲けたし、確実に大ヒットのハリー・ポッターは来年にまわそうか?!みたいな気がしないでもないですが…。日本での公開日変更はまだ発表されていないと思いますが、ワーナー・ブラザースは基本的に世界規模で公開日を同じにしたい会社なので、日本での11月29日の公開日も今後、確実に来夏に変更されると思われます(アメリカやイギリスで公開されないのに、日本だけ先にやるとは思えない)。最新作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」まで後3ヶ月!!と楽しみにしてたのが、1年先!!では大違いで、待ちに待っていたファンは残念すぎて悔やみきれません…。尚、シリーズ最終作ハリー・ポッターと死の秘宝前後編2部作については、公開日の移動は今のところ無いとされています(前編2010年11月19日、後編2011年春)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中