菊地凛子ちゃんが、「死ぬまでにしたい10のこと」のイザベル・コイシェ監督の次回作に主演決定!!

菊地凛子
先週末アメリカで封切られた、ベン・キングズレーペネロペ・クルスが共演の情痴映画エレジー」(ココに予告編)が、わずか6館だけの限定公開ながら、1館あたりの売上げで17,361ドルをあげ、「バットマン/ダークナイト」(公開中)を抜き、アベレージ・ランキングでは第1位(アイマックス作品を除く)になったイザベル・コイシェ監督の次回作マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー」(Map of the Sounds of Tokyo)に、「バベル」(2006年)の菊地凛子ちゃんが出演することになりました!!、同映画は、築地の魚市場で働く主人公が、実は依頼されて暗殺を行なうコントラクト・キラーだった…!!という内容で、ペネロペ・クルスの出演も予定されています。菊地凛子ちゃんの役どころは明言されていませんが、「死ぬまでにしたい10のこと」(2003年)、 「あなたになら言える秘密のこと」(2005年)など、女性を描くことに重きを置くイザベル・コイシェ監督の作品で、しかも東京が舞台だけに、まず主人公の殺し屋で間違いないのでは?!、ファンとしては、菊地凛子ちゃんが最新作の「ブラザース・ブルーム」(アメリカ10月公開/ココに予告編)に続き、拳銃をかまえる姿を観たいと思うのですがッ!!、で、 ↓ はその「ブラザース・ブルーム」の最新版のポスターです。菊地凛子ちゃんはまた、ジョン・キューザックチョウ・ユンファ渡辺謙さんが主演の戦争映画の大作上海」で、コン・リーと共に、映画に華を添えてくれてるので、来年辺り、また彼女の海外作品が連続して楽しめそうですね。しかし、「ブラザース・ブルーム」では新進のライアン・ジョンソン監督、そして、ベテランのイザベル・コイシェ監督と、真に優れた才能の監督に選ばれるところがスゴイですね。あ、そこに押井守監督も足しとかないとダメですね。押井守監督の新作スカイ・クロラ」(公開中)にも、菊地凛子ちゃんは声優で出てました。そのまま海外版の吹き替えキャストも自分でやっちゃわないのかな?!
ブラザース・ブルーム-ポスター

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中